ユナイテッド後のスターアライアンス (3) 特典航空券 8


最後は,特典航空券の必要マイル数やルールの比較です.実は,数日前にトルコ航空でステータスマッチされたことがわかり,当面はトルコ航空で決まりということになったのですが,若干準備もしていたことですし,予定通りアップします.また,ついでなのでエアカナダ,ANA (2015年4月12日以降),ユナイテッドについても同じ表にまとめておきます.
自社便とスターアライアンス便で必要マイル数・ルールが異なるところもありますが,ここではスターアライアンス便を含む場合を考えます.
まずはルールから.この表はかなり大雑把で,もっと細かい規定があるところも多いのでよく確認してください.

TK A3 OZ AC NH UA
サーチャージ あり あり あり 一部あり*a あり なし
片道 yes yes yes yes(北米発着) no yes
ストップオーバー 1(往復) 0 0 2/1 1 1(往復)
オープンジョー 1 ? 2? 0/1 2(制限有) 2
最大レグ数 8 4 8 ? 6(国際線) 8~10?
変更手数料 TK便のみ,無料 20EUR 無料? 90CAD 日付のみ,無料 75~100USD
キャンセル手数料 40EUR 20EUR 30USD/3000マイル 90CAD 3000マイル 200USD
マイル有効期限 加算から3年 なし 加算から10年 12ヶ月*b 加算から3年 18ヶ月*b

*a ACでサーチャージを取られない,または比較的安い航空会社:LO・TP・SN・SQ・SK・LX・TK・UA・BR・CA・NZ
*b 最後のマイル出入りからの月数
必要マイル数はこちら (千マイル単位・往復).勝手ながら北米発を記載させていただきます.

エリア クラス TK A3 OZ AC NH UA
北米 Y 20*a 25 25 25 25 25
C 30*a 42 45 50 48 50
F 50*a 80 65 70 80 70
東アジア Y/PY 90/113 100 80 75 65*b 70*b
C 135 150 120 150 105*b 160*b
F 200 200 160 210 180*b 240*b
東南アジア Y/PY 90/113 100 90 90 70 80
C 135 150 135 155 110 160
F 200 200 180 215 185 260
南・中央アジア Y/PY 68/86 100 100 100 70 85
C 105 150 150 150 110 160
F 154 200 210 210 185 280
ヨーロッパ Y/PY 60/75 60 50 60*c 45 60
C 90 90 80 90*c 72 140
F 135 120 100 125*c 110 220
アフリカ北部 Y/PY 60/79 60 80 100 60 80
C 98 90 120 150 90 160
F 146 120 160 210 140 260
アフリカ南部 Y/PY 90/113 80 80 100 60 80
C 135 110 120 150 90 160
F 200 150 160 210 140 260
中東 Y/PY 64/79 80 80 80 60 85
C 94 110 120 165 90 160
F 139 150 160 230 140 280
南米北部 Y/PY 105/128 60 35 50 40 40
C 150 90 55 75 68 70
F 230 120 75 105 100 90
南米南部 Y/PY 105/128 60 50 60 40 60
C 150 90 70 95 68 110
F 230 120 90 135 100 140

*a 直行便のみ
*b 日本は若干少ない
*c 東欧は若干多い

以下,感想です.

トルコ航空

他社に比べて若干必要マイル数が多そうに見えますが,トルコ航空便のみ予約可能なオンラインで調べたところでは,アジア・南アメリカもイスタンブール経由が出てきました.他社便利用でもヨーロッパ経由が可能かどうかは現時点ではわかりませんが,アジア・南アメリカで必要マイル数が多く,逆にイスタンブール経由が最短になる中東・南アジア方面は少なめなので,トルコ航空利用を前提にしたチャートのようです.

エーゲ航空

チャートがわりとざっくりしているので,目的地によってはお得な使い方ができるかもしれません.例えば,この表には出ていませんがアジア内のビジネスクラス (42K) はわりとよさそうです.ただし公式には片道乗り継ぎ1回まで (1回では不可能な出発・目的地なら2回がOKになることもあるらしい) なので,ルートを工夫する面白みはありません.

アシアナ

必要マイル数は全体に少なめです.しかし,ストップオーバーが入るとそれぞれの必要マイル数が加算されますので,注意が必要です.

エアカナダ

残念ながら,必要マイル数は全体に多めです.しかし,特に上級クラスではユナイテッドより少なめなので,サーチャージを取られないエアラインに絞って使うのがよいでしょう.
さらに細かく見ると,シンガポールやタイが日本と同じアジア1に入っていたりするので,アジア1内 (20K/30K/50K) が結構お得のようです.

ANA

ストップオーバーなどのルールは厳しくなるものの,必要マイル数は全体に少なめになるようです.

ユナイテッド

ルールが比較的緩く,サーチャージも取られませんが,必要マイル数はかなり多めです.ヨーロッパのように他社より10万マイルも多いのでは,サーチャージがないメリットがほとんどかき消されてしまいます.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

8 thoughts on “ユナイテッド後のスターアライアンス (3) 特典航空券

  • 疾風

    まずは、トルコ航空のステータスマッチ合格おめでとうございました(笑)。
    しかし、改悪続きとはいえ、TKもまだまだ他社よりもお得なんですねえ(AVよりははるかにマシ?)。
    また、OZの北米~欧州ファースト往復10万は、LHのFも手配可能らしいので、悪くない必要マイル数ではないかと。
    それから、UAのキャンセル料金200ドルやFの必要マイル数は、少し過剰な感じがします・・・。

  • tak-airtravel

    疾風さん
    ありがとうございます(笑).
    TKの必要マイル数は高めですが,ルートがわりと自由な予感がしますので,うまく使うと悪くなさそうです.北米~南米の間にISTでS/Oできると思うと,ビジネス往復で15万マイルはまあまあかなと思います.
    > また、OZの北米~欧州ファースト往復10万は、LHのFも手配可能らしいので、悪くない必要マイル数ではないかと。
    はい,かなり良いと思います.米系の北米~ヨーロッパは距離のわりに必要マイル数が多く割高な感じがするので,OZやNHがいいですね.
    > それから、UAのキャンセル料金200ドルやFの必要マイル数は、少し過剰な感じがします・・・。
    UAのチャートを見ながら,片道分であることを何度も確認してしまいました(笑).

  • コロン

    先日はアメリカンとUSのリンクの件、ありがとうございました。
    疾風さん のコメントを拝見して、USのマイレージも貯めとけば良かったと、今更ながら後悔しました・・・
    ところで、来年4月からはじまるANAの新制度は、個人的にはあまり歓迎していなかったのですが、ふと日本~アメリカ~ヨーロッパと飛んだらどうなるのかと尋ねてみたところ、これも日本~ヨーロッパ往復と同じ6万マイルでOKとか!!(出発地からの必要マイル数が最も多い地点だから??)
    それがOKなら、往路復路各2回の乗り継ぎを使って、NRT-AKL-YVR-LHRと飛ぶと、途中降機が一回のみでも、マイル数同じでサーチャージもかからず行けるのか!と、早くも夢膨らんでいます(笑)
    さすがに、これはできませんよね~でも、ルール上問題ないような・・・
    新制度が待ち遠しくなってきました!!

  • tak-airtravel

    コロンさん
    いえいえ,どういたしまして.USはいろいろと融通の利くプログラムだったので (片道不可以外・・・) 残念ですね.
    > ところで、来年4月からはじまるANAの新制度は、個人的にはあまり歓迎していなかったのですが、ふと日本~アメリカ~ヨーロッパと飛んだらどうなるのかと尋ねてみたところ、これも日本~ヨーロッパ往復と同じ6万マイルでOKとか!!(出発地からの必要マイル数が最も多い地点だから??)
    US~アジアでヨーロッパ経由が可能なところはUA,USなどいくつかありますが,日本~ヨーロッパでアメリカ経由可というのは聞いたことがありません.しかし,確かにルールには必要マイル数が一番多い地点が目的地になると書いてありますねえ・・・ 本当だとすると,必要マイル数も少なめですし,意外とお得なプログラムになるかもしれませんね.

  • NWエリア

    ビジネス、または(プレミア) エコノミー特典で十分という旅行者には、若干マイルは割高でも、UAのシステムがフレキシブルでストップオーバーも出来てBestです。ネット上では出てこないルートもサービスデスクで提示してくれる場合もあるので。かなり必要マイルがUPした件、UAも次第に Dxxx社 の悪影響を受けてきていますね。いや、案外うまく利用しているのかもしれませんね。

    • tak Post author

      NWエリアさん

      おっしゃる通り,サーチャージがかからず,フレキシブルな点ではUAが一番ですね.しかし,他社便の必要マイル数が多かったり,自社便の枠が絞られたりしているので,最近はDLの方がマシかなあという気もちょっとしています・・・ いずれにしても,フライトマイルはあくまでもステータス用で,特典用にはそのときの都合でChase/Amex/SPGから移行というのがもろもろの改悪の影響を受けにくくて気が楽ですね.

      • NWエリア

        (AL社コメントの件ありがとうございます。) UAなどのエアラインクレジットとは関連ありませんが、Discoverカードはお持ちですか?購入ベースごとに1-5%のキャッシュボーナスが戻ってきますし、他に簡単な条件500ドル程度の利用で、(たいした額ではありませんが) 100$アマゾンギフトカード(eコード)が後日プレゼントされます。最近のエアラインカードはどれもハードルをどんどん上げていっていますし、デルタアメックス系もボーナスポイントは、昨年より1回限りしか加算しない方向へシステムを厳格化してきています。

        Discoverカードは、毎月クレジットレポートが、支払い明細に盛り込まれているので、万が一、他のクレジットカードで不審な使用等が発生した場合でもクレジットスコアに反映されるのでデータ盗難対策にもなります。

        ご参考まで。

        http://www.amazon.com/Discover-test_model-it%C2%AE/dp/B00AW3IXZO/ref=sr_1_1?s=financial&ie=UTF8&qid=1426659466&sr=1-1

        • tak Post author

          NWエリアさん

          情報ありがとうございます.Discoverに限らず,キャッシュバック系カードは面白くないので (笑) 持ったことがありません.ボーナスポイントがもらえるカードが少なくなってきているのは確かなので,今後ターゲットを広げる可能性はなきにしもあらずですが.
          明細は全部オンラインにしてしまっているので書いてあるかどうかはわかりませんが,最近はCitiやBarclaysでも無料でクレジットスコアが調べられるようになっていますね.