ニュース:AV特典検索が進化・アメックスプラチナの新特典・荷物紛失の理由 2


アビアンカの特典検索機能が進化

一部で人気のあるアビアンカのマイレージプログラム (LifeMiles) ですが,全く使えない電話サポートに加え,1冊の特典に別クラスを混合できないのが大きな欠点でした.例えば,国際線区間はビジネスクラスに空きがあっても,ポジショニングの国内線にエコノミーしか空きがなければ,一緒には予約できなかったのです.

ところがこのほど検索機能が改善され,フライトごとにクラスが選べるようになりました.

しかも,混合クラスの場合は旅程の中で最高クラスの必要マイル数を徴収されるのが普通ですが,アビアンカでは各クラスでの必要マイル数を距離?で比例配分したものを合算するので,他社より良心的です.北米〜北アジアは全フライトビジネスクラスだと7万5千マイル必要ですが,上のようにエコノミー+ビジネスを組み合わせると69,060マイルとなります.仮に1フライト目のファーストが空いていても,こんな短いフライトをファーストにしても仕方ないので,マイル節約のためにあえてエコノミーにするのもありかもしれません.

アメックスプラチナでルフトハンザラウンジ

アメックスプラチナを持っているとセンチュリオンラウンジ・デルタラウンジなどが使えますが,それにミュンヘン空港のターミナル2サテライトにあるルフトハンザラウンジ (ビジネス・セネター) が加わるようです.利用できるのはカード保持者本人のみでゲストは不可,またルフトハンザ・スイス航空・オーストリア航空の搭乗券が必要となります.プライオリティパスラウンジはターミナル1にしかないので,これまではスタアラゴールドでなければエコノミー利用時にラウンジが使えませんでした.

なお,センチュリオンカード保持者はファーストクラスラウンジが使えます.

荷物係のしゃれにならない悪戯

預けた荷物が目的地と違うところへ行ってしまうのは不運なミス・・・のはずですが,なんとシンガポール・チャンギ空港で3ヶ月に渡り毎日荷物タグをわざと付け替え,荷物が本来の目的地でないところへ行くように仕向けていた荷物係が捕まりました.勤務していた下請け会社はシンガポール航空・シルクエアー・ルフトハンザの荷物を担当していたそうで,もしこれらのエアラインのシンガポール発・経由フライトで荷物紛失を経験していたら,この男のせいだったかもしれません!?


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “ニュース:AV特典検索が進化・アメックスプラチナの新特典・荷物紛失の理由

  • NWエリア

    Tak さん

    AVCはなかなかやりますね。ただ、一度(仮)発件した後、移動予定に変更等が生じた場合、電話連絡がつながらないと話になりません。日程が確定している場合はそれほど問題はないでしょうが、。
    本来なら、スターアライアンスの元親分UAが、まず、こういった便利なシステムを導入しなければなのでしょうが、、残念ながら、親分らしさもなくなってしまってサービスはあまり期待できなくなってしまいましたね。

    シンガポールの荷物タグスワップの件、全く許しがたいですね。最低ムチウチの系は免れないでしょう(笑)。航空会社は、連日カスタマーへの対応も馬鹿にならなかったでしょうし、コンペンセーション費用も個別に生じているはずですから。また荷物を紛失されたら、しばらくの期間、そのエアラインからの購入は見合わせますからね。

    • tak Post author

      NWエリアさん

      AVの電話対応はひどいようですね.変更の内容によっては必ずしもキャンセル→再予約で対応できるわけでもないので,私が使うときは電話の必要がないことを祈るばかりです.UAの検索機能はそこそこ優れていると思いますが,電話してもオンラインで出てくるものしか取れないなど,以前よりだいぶ制約が強まっているようです.

      SINの荷物はひどいですね.今回改めて気づいたのは,預け荷物を下請け会社がハンドリングしている場合,紛失されたときに乗っていたエアラインだけを避けても意味がないことです.