ユナイテッド 特典ルール変更後の検索エンジン 12


10月6日にユナイテッドの特典ルールが変更になり,ストップオーバーが廃止されてすべて片道特典の組み合わせとなりました.また multi-city 検索を使うと,各目的地での滞在時間によらず区間ごとの必要マイル数を加算したマイル数を請求するようにシステムが変更されています.

心配されていた,ヨーロッパ経由のアメリカ~アジアはまだ出てきます.

ua_award_oneway_oct16

しかし,これを multi-city でニューヨーク→ワルシャワ,ワルシャワ→シンガポールと検索すると,全く同じフライトなのに必要マイル数はアメリカ~ヨーロッパ+ヨーロッパ~アジアになってしまいます.つまり,multi-city を使って希望のヨーロッパ都市を経由するルートを強制することができず,出てくるかどうかは運次第です.

ua_award_multicity_oct16

ストップオーバーの代わりとして新設された Excursionist Perk が使える区間はこのように表示されます (この後ロンドンからアメリカへ戻る区間が必要です).

ua_award_excursionist_oct16

さて,不思議だったのはこの日 (4月12日) のLO27にはビジネスクラスの空きがあるはずで,実際に片道,出発地に戻らない multi-city,往復の検索なら出てくるのに,最後のアメリカに戻る multi-city ではどうしても出てこなかったことです.ときどき,いわゆる married segment 問題で1セグメントだけ空きがあっても取れないことはありますが,ワルシャワに24時間以上滞在することになっていればあまり問題ないと思うのですが・・・ 謎です.

似たような例で,エアカナダでは出てきて,ユナイテッドでも個別に調べると空きがあるルートが,組み合わせでは出てこないというのもありました.例えば,エアカナダである日のJFK→シンガポールを調べると,2セグメントともANAのファーストという旅程が見つかります.

ac_award_jfk_nrt_sin_oct16

が,この組み合わせはユナイテッドでは出てきません.

ua_award_jfk_sin_oct16

Multi-city で成田経由を指定すると出てくるので空きそのものはありますが,もちろん必要マイル数は増えてしまいます.

ua_award_jfk_nrt_sin_oct16

また,私は実験していませんが FlyerTalk では以下のようなトラブルが報告されています.

こうなると,オンラインで希望に近いルートの航空券を発券しておき,後から電話でセグメントを足すという作戦が今も通用するかも怪しいです.ちょっとこの状態ではユナイテッドに加算する気にはなりません.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

12 thoughts on “ユナイテッド 特典ルール変更後の検索エンジン

  • 大阪球場

    takさん、

    実は僕もいろいろ懸念があり、10/2にBNA-IAD-VIE-KIXのビジネスクラス片道を発券しました。VIEで23時間の滞在があります。
    アメリカ発ヨーロッパ経由日本行をはじめてすべてオンライン(multi-city)で発券できびっくりしました。
    いつもはアメリカ発ヨーロッパ行だけをオンラインで発券し、24時間以内に電話でつけたしていくのですが、これが担当のエージェントにとってはイリーガルな発券だとまでいう人がいて時間もかなりかかって相当なストレスでした。

    ひょっとしたら10/6以降はオンラインではヨーロッパ経由の日本行は一切出てこなくなるのではないかと懸念していただけに、このヨーロッパ経由がまだ生きていると言うニュースにはとりあえずは一安心です。ただご指摘の通り、multi-cityにすると、必要マイルが大幅に増加してしまいますね。希望の経由ができず、恐らく最短での乗り継ぎが原則ということになるのでしょうね。また、西海岸発や地方都市発はこの検索結果の運に頼るという方法では厳しくなりそうですね。

    と言うことで、僕も数万マイルを残しては今回の発券でユナイテッドのマイルを使いつくしてしまいました。いつも出遅れる僕ですが、今回だけは良い判断ができたなと自己満足です。

    • tak Post author

      大阪球場さん

      先に発券しておいて大正解だったと思います.以前の multi-city は,乗継がすべて24時間以内であれば出発地と目的地のペアをちゃんと認識してくれました.今も一応ヨーロッパ経由が出るとはいえ何が出るかはわかりませんし,おっしゃるとおり西海岸からはほとんど出てこないと思います.
      私は残り151マイルなので何が起きても平気です (笑).

  • コロン

    ついに、コンチネンタル時代から引き継がれた夢のようなシステムも終わりを告げましたね。
    私はmulti-cityでの遠回りがまだできると淡い期待をしていたのですが、見事に裏切られ残ったマイルどう消化しようかと頭抱えてます・・・
    まあこれからが普通で、今までのシステムが面白過ぎでしたから、前身のコンチネンタルそして5年ほど継続してくれた新生ユナイテッドに感謝です(笑)

    • tak Post author

      コロンさん

      確かに,旧UAの検索はひどかったので,合併後スタアラのフライトがよりどりみどりで選べるようになったのには感動しました.昨年の特典チャートの大幅改悪に続く今回のルール変更で,本当に終わってしまった感じはあります.
      今ちらっと見たら,日本国内線の片道5000マイル~は健在のようですね.

  • NWエリア

    とうとうD社の検索システムと似たような感じになってしまいましたね。これまでとは違い、検索途中で、結構エラーが表示されてしまいます(電話でのコンタクトが必要という画面)。Onewayで検索後、結果の中に、わずかでもベースマイルの席が表示される点は、まだましといったところでしょうか。(笑)大阪球場さんと同じく、改悪前に 一枚だけでも発券しておいてラッキーでした。
    Excursionist Perkの利用方法、どんなルートの利用が面白いのかは、今のところよくわかりません。

    • tak Post author

      NWエリアさん

      おっしゃるとおり,腐ってもスタアラでセーバーアワードの空きは見つかりやすいですし,ヨーロッパ経由のアメリカ~アジアとか東アジア経由のアメリカ~オーストラリアが可能なので,まだD社より少しマシだとは思います.時間を見つけて,Excursionist Perkの利用方法などを記事にしようと計画していますが,なかなか時間がかかりますので・・・

  • makomako

    改めてブログを読み、自分が勘違いしていたことに気がつきました。
    Multi City検索してポーションごとに指定して行くと、そのポーション毎にマイレージが加算されて行くんですね。

    ということは、私のお気に入りの①オセアニア方面はAKLでの接続がシビアーなので結構難しくなります。
    また②日本国内線特典で3区間を1冊で発券しようとすると、これもまた難しくなります。

    まだ試していませんが、ひとまず考えられる手段として
    ①に関しては、中国など→AKL→島を1冊で発券し、24時間以内に中国発から日本初に切り替える方法です。
    これで、日本→AKLのポーション分請求されたら残念です。
    ②に関しては、静岡→那覇→東京→八丈島など、「羽田には就航していない都市」⇆「羽田からしか行けない都市」で検索すると3区間での検索結果が出るので、24時間以内にまるっと変えてしまうという方法です。
    どうなるのかわかりませんが、気に入ってたおもちゃを取り上げられて悲しいです。

    • tak Post author

      makomakoさん

      そうなんです・・・以前はmulti-cityでも間の乗継が24時間以内であれば最初の出発地と最後の到着地で必要マイル数を計算してくれたのですが,単純に加算するようになってしまいました.しかも,エージェントが使うツールにも同様の制約がかけられてしまったらしく,電話をかけても今までのようにフライトごとに交換することはできないというレポートが相次いでいます.①②ともたまたま出てきた場合以外,難しいかもしれません.

  • NWエリア

    Takさん

    Live and Let’s XXの記事から判断すればMatthewもかなりUAプログラムに呪縛中という状況と見受けられます。そもそもエアラインマイル特典は移動の最短手段(代替)としての利用、それもサービスが利用できる場合はUnknownの状況です。その利用目的がかなりズレてしまっている利用者(彼の場合FRA-MUC)、こういった輩のシステムプレイに対してのサービスを除外するのには、今回のシステム改悪による振り落としはぴったりなのかもしれません。普通にストップオーバーを単純に楽しむ人たちへの対応ならエージェントももっと気持ち良い対応ができたのでしょうがね。UA側からの利用者の整理の過程でしょうか、別にアメリカン(欧米)ビジネスのスタイルでは、(D社を見ても明らかなように)カスタマー第一という規範はどこにもありません。これがユニバーサルなレベルでは普通ですよね。(笑)
    ただあまりにクレームが長期間続くようだと、UAエージェントの立場を考えてみても気の毒に思われます。(自分が対応するんだったら給料をもらっても、やってられません。)リベラル路線(?)のUAとしては、システム上で旧コードの見直し、部分的コードの取り込みというプランはあり得るように思います。

    UA国内線特典でTakさん表示の参考ルート(Kix−Kcz)ですが、すでにシステムエラー表示となっています。こちらは、東京からあっさりと一箇所・博多経由、著名なラーメン店(NYでは、一杯20ドル以上)に立ち寄る機会を頂いてから大阪に移動できるだけで十分満足です。

    • tak Post author

      NWエリアさん

      Matthew はおそらく変更後何が可能かを実験してみただけと好意的に解釈したいです (彼の場合アワード予約サービスを商売にしていますので,純粋にボランティア精神でやったわけではないでしょうが).わざわざ遠回りする意図はなくても,単純に出発地→目的地で検索しても出てこないケースも多く (特にSQがからむ旅程),後からフライトを追加できないと普通の利用者にとっても不便で,これを理由にUAプログラムから離れる可能性はあると思います.ただ,おっしゃるとおりUA以外の米系も五十歩百歩なので,各社とも高をくくっているところはあるのでしょうね.アメリカ以外のプログラムもそれはそれで制約がありますし.
      もちろん日によってルートは違いますが,KIX-KCZはまだまだいろいろ出てきますよ・・・?

      • NWエリア

        Takさん 確かにMatthewのアレンジに関しては、利用者としての苦情を代弁/ 報告してくれているという点で、好意的に解釈すべきところですね。(そんな予約サービスありですか?- 笑) UALの国内線の件ですが、今回は出てきました、確か12時間前は何故か全く出てこなかったのですが、不思議です。

        • tak Post author

          NWエリアさん

          はい,特典予約代行サービスは Matthew のほかにも One Mile at a Time の Benさんなど何人かが商売にしています.趣味と実益が一致していてうらやましい気もするし,他人の特典の責任まで持つのは荷が重い気もするし,複雑なところです (笑).
          金曜深夜~未明にUAのシステムが一時ダウンしていたようなので,一時出てこなかったのはその余波かもしれません.