アンカレジ修行 (3) 復路フライト 2


オンラインチェックインは済ませてあるので,カウンターには寄らずアラスカ航空ラウンジ (Board Room) へ直行します.

ランプの眺めがよいラウンジです.アジア~北米の旅客便のアンカレジ経由はもうありませんが,貨物機はまだやってきます.この後中華航空の貨物機も3機立て続けに飛来しました.

IMG_6431

地元ジュノー産のビールを飲みながら,スープ・サラダなどを食べていると結構お腹いっぱいになりました.

そうこうするうちにやっと搭乗.往路よりは少しフライト時間が短いものの,夜行便で翌早朝の到着です.満席で搭乗に時間がかかり,少し遅れて出発しました.ドリームリフターがいますが,どこかからパーツを運んできたところでしょうか.

IMG_6433

離陸後大きく右に旋回すると空港が見えました.

IMG_6441

市街地のはずれに大きな空港.空軍基地のようです.

IMG_6443

街をはずれると雲の間から雪山が見えてきました.

IMG_6446

氷河でしょうか.

IMG_6447

夜はもうお腹いっぱいだったし,朝はセンチュリオンラウンジで食べるので,最初に赤ワインをもらった以外はずっと寝ていました.

定刻より数分遅れて到着.D17というセンチュリオンラウンジの目の前のゲートだったので,降りて2分後にはラウンジにいました.まずはシャワー.

IMG_6450

その後朝食.なんか (私の) 盛り付けが下手ですね.

IMG_6451

食べ終わって静かなエリアへ移動しました.

IMG_6452

しばらく待ってから,デルタで帰ります.やや遠回りでしたがJFK経由を選択.MQM稼ぎもありますが,後で説明するように別の理由もあります.

JFK便はフライト時間3時間強とそこそこの長距離ながら,CRJ-900という小型機です.それでも一応ファーストクラスはあり,当日朝アップグレードが確定しました.席は選べずバルクヘッドの窓側で,隣にはデッドヘッドらしいパイロットが座りました.JFKへの到着は超低空での旋回をしてから13Lに着陸するというスリリングなパターンでした.

IMG_6456

ゲートに到着してから隣のパイロットに「このアプローチは難しい?」と聞いたら,ちょっと変わってるけど特に難しくはない,という返事でした.

デルタラウンジで待ってから地元へのフライトに乗り込みます.わざわざJFK経由にしたのは,このフライトが短距離にも関わらず大西洋・大陸横断路線用の757による運航だからで,うまくアップグレードされるとフルフラットのビジネスクラスシートになります.同区間の他の便はもちろん小型機による運航ですが,このフライトだけ大きな機材なのは,私の地元からの唯一の大西洋路線で使う機材のポジショニングのためです.あまり詳しく書くと地元がどこかばれてしまうのでこの辺で.

アップグレードを狙っていましたが,皆さん知ってか知らずかファーストクラスはかなり前から埋まっていて,チェックイン時にすでに16席中2席しか空きがありませんでした.それでもずっと空席待ちリストの1番だったので期待していると,搭乗開始直前にアップグレードが通りました.このところアップグレードの運が良いです.

乗ってみると確かにビジネスエリート (現デルタワン) のシートです.ワイドボディ機とは違い,2-2配置なので窓側席からの通路アクセスはありませんが,間に仕切りはあります.

IMG_6458

全体にユナイテッド (旧コンチネンタル) と同じような感じのシートです.

IMG_6459

IMG_6460

IMG_6461

こんな快適なシートですが,残念ながらフライト時間は1時間ほどで,サービスは飲み物とスナックのみ.あっという間に地元に到着してしまいました.

RTWのアメリカ国内分はのんびりと消化してきましたが,ようやくあと残り1区間 (ダラス~ロサンゼルス) となりました.次回は8月中旬にダラス~ロサンゼルス~ロンドン~ドーハ,下旬にドーハ~ロンドン~マドリードをこなし,その後は来年までいったんお休みです.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “アンカレジ修行 (3) 復路フライト

  • かっちゃん

    アンカレッジはさすがに貨物機の扱いが良いですね。他の空港は旅客機とは離れた駐機場にとまっていることがほとんどですが、旅客機並みの沖止めでこれだけの747が見られるのは壮観ですねぇ。これにPolar air cargoや日本貨物航空なども含めると、ちょっとしたスポッティング天国の様相です。An-124も、と望むのは贅沢でしょうか。

    • tak Post author

      かっちゃんさん

      これらの機体は給油だけで荷物の積み下ろしがないので,出入りが簡単な滑走路脇に止めているのだと思います.実際トーイングカーもなしでさっと前進して出発していきました.An-124が来たら面白いでしょうね! 写真は撮り損ねましたが,4発のターボプロップ機が出発していったのでちょっとびっくりしました.