ストップ・間違い運賃! 2


先日アメリカンでベース運賃ゼロというビジネスクラスチケット,ブリティッシュエアウェイズで1500ドル前後のファーストクラスチケットが出てきて騒ぎになりましたが,このようにミスで異常に安い航空券が出現するというのはたまに起こります.悪いことに,今の時代はインターネット上の掲示板やTwitterであっという間に拡散するので,いったん発生すると航空会社の被害が大きくなりがちです.

そこで,ユナイテッドはSitScapeという会社のソフトを使って航空券価格を監視し,異常に安い運賃が出たら直ちにストップできる体制を整えることにしたのだそうです.ユナイテッドは2013年に今回のアメリカンと同じようなミスをして,訂正されるまでの70分間に290万ドル (約3億円) もの損失を出したということで,こんな事態はなるべく防ぎたいという気持ちはわかります.これがうまく機能すれば,今後仮にユナイテッドの間違い運賃が出ても長くは続かないと思われます.

航空券運賃は各社からGDSにアップされるのだと思いますが,$0のベース運賃なんて簡単なロジックを使ってその場でチェックできそうな気もするんですが.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “ストップ・間違い運賃!

  • 大阪球場

    間違い運賃を自分で発見するのは宝くじに当たる程度よりさらに低い、ものすごく低い確率だとは思うのですが、一応頭の片隅で期待しながら運賃検索をしています。自分て見つけたらなおうれしいでしょうね。
    また、そういうことが本当にあり時間勝負と分かってからは、アンテナを張り巡らせています。ツルハシで金鉱を探すような気分です。

    それはさておき、ソフトを使うのはわかるのですが、路線ごとに最低価格とかレンジを設定しておいて、それより低い運賃は自動修正するとか入力できないとかすればいいだけの話だと思うのですが。僕が働いている会社ですら、$0のinventoryは設定できません。仕入れ価格を割るものはレポートが出てきますし。

    うちのような小さな会社でもできるので、簡単なことのように思うですが。まあ、あちこちの航空会社で発生しているので簡単でもないんでしょうね。それこそ何百万パターンとかありそうですし。

    • tak Post author

      大阪球場さん

      0を1個落とすようなミスそのものがまれでしょうし,さらにそれを自分が見つけるのは確かに宝くじに当たるようなものかもしれません.さらに,見つけたとしてもポジショニングに大金がかかるようだと何をやっているのかわからなくなりますから,安ければ何でもいいというわけでもないですよね.私はあまり使いませんが,間違いに限らず安い運賃をまとめてくれるサイトもいくつかあるようです.
      http://faredealalert.com/

      クラスごとにcpmの下限を設けるぐらい簡単だと思うのですが,航空運賃はそうもいかないほど複雑なんですかねえ.