ユナイテッドラウンジの食事改善へ 2


ご存知のように,米系エアラインのラウンジの食事は他国エアラインと比べてかなり貧相です.その中ではデルタがまだましで,夕食時にはスープ2種,サラダ,オリーブ,チーズなどが出ています.アメリカンも無料の食べ物はかなり限られていましたが,USエアウェイズの影響でスープが出るようになりました.

残るユナイテッドはというと,ロンドンに新しくできたラウンジや香港のラウンジはかなりいいようですが,アメリカ内のラウンジはひどい状態.そこへようやく遅ればせながらラウンジの食事改善を発表しました.概ね,順次デルタの水準まで引き上げて行こうという改善のようです.また,有料の食事も実験するとのこと.

今回の発表にはシカゴ・ワシントンDC (レーガン)・香港・成田のラウンジ改装,ラウンジ職員の再研修なども含まれています.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “ユナイテッドラウンジの食事改善へ

  • 大阪球場

    うーん、僕は米系はUnited Club, Red Carpet Clubしか知らなかったのですが、最近Admirals Clubに入ってびっくりしました。
    米系のラウンジはどこも食事などなく、United Clubのレベルが普通でどこも似たり寄ったりだと思っていました。
    United Clubなんて、食事と呼ばれるものはなし、運が良ければ生ニンジンが置いてあるだけ、オレンジジュースですらバーカウンターで頼むか気兼ねして自由に飲める雰囲気ではありませんでしたから(笑)。
    HubであるSFO International Terminal のラウンジですらそんな感じだったんで、ANAの利用者には気の毒でした。

    まあ、削減、改悪がよくある業界で、改善に向けて動き出すのはいいニュースですね。今後を期待しています。

    • tak Post author

      大阪球場さん

      私も以前は井戸の蛙状態でした(笑).Admirals Clubも良くなってきましたが,Sky Clubはさらに良いと思います.昨日VIEからの帰りにものすごく久しぶりにORDのUCに入ったら,確かに食事は増えていましたが,まだDLのレベルには及びませんね.