デルタ・ユナイテッドの業績連動ボーナス 8


デルタやユナイテッドなどでは利益が出ると社員にボーナスが出る仕組みになっていて,昨年分の結果が発表されました.

  • デルタ:総額11億ドル (社員1人当たり約13,000ドル)
  • ユナイテッド:総額2.4億ドル (同約3,000ドル)

参考までにその他の大手・準大手はこんな感じ.なお,アメリカンでは利益連動のボーナスはありません.

  • サウスウェスト:総額3.6億ドル (同約8,000ドル)
  • アラスカ航空:総額1.2億ドル (同約9,000ドル)

うーん,これではユナイテッド社員の士気が下がるのもやむを得ない気もします.しかしデルタの1人当たり約130万円というのは結構な金額です.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

8 thoughts on “デルタ・ユナイテッドの業績連動ボーナス

  • 大阪球場

    うちの会社、もう何年もボーナスが出ていませんよ。まあ、赤字の連続なのでしょうがないですね。
    ユナイテッドの3000ドルでも出るだけましですよ。
    でも、一般社員もManagerクラスもパイロットも同じボーナスなんですか?平等のようなかえって不平等のような。
    業績連動ボーナス以外にも基礎ボーナスみたいなのがあるのでしょうか。

    まあ、それはそうとユナイテッドは従業員持ち株制度でたくさんの持ち株を抱えていた従業員がいましたよね。
    それがチャプター11で紙くずになって、損した従業員も結構いたでしょうに、
    その時代から比べると天と地との差ですよね。
    ぼくも従業員ではないですがUALの株を当時の月給分くらい持っていました。
    で、やはり紙くずとなってしまいました。
    まあ、何回もインボラアップグレードしてくれたので、株での損は埋め合わせてくれましたが。

    まあ、今年は一回も乗る予定はありませんが、頑張れユナイテッド!

    • tak Post author

      大阪球場さん

      3000ドルなどの数字はあくまでも社員1人当たりの平均で,実際にはそれぞれの基本給か何かに基づいて配分されるのだと思います.旧NWか旧DLかによっても違うという生々しい話もFlyerTalkに出ていました.
      昨年の米系はどこも破綻処理でコストを減らし,フライトもぎりぎりまで切り詰めて好調ですね.原油が安くなっても運賃が下がる気配はありませんし,当分今の状況が続きそうですが,ちょっとは顧客にもFFプログラムという形で還元してほしいですね.

  • shoji

    利益が上がればボーナスが出るというのは良いことだと思います。
    ボーナスはギャランティーされるものではないので、黒字にしてちゃんと一杯ボーナスがもらえるのがいいですね。利益を上げる仕組みを現場の従業員も一緒になって考えないとね。
    そうそう、今の為替計算なら150万円ですよ(笑)

    • tak Post author

      shojiさん

      あ,円安を考えていませんでした (笑).額にはびっくりですが,破綻で給料が下がったのかもしれず,このくらいのご褒美は・・・という感じかもしれませんね.

  • NWエリア

    きちんと顧客にサービスを継続実施しているUA、取りたい時に席の取れるUAには、頑張ってもらいたいですね。
    一方で勝手にマイレージを顧客の利益を考えずに、自社の都合ばかり考慮してルール変更した Dxx社;たんに顧客の利益を奪って、航空券の費用を他社より多く徴収しただけのような気がします。毎年取りたい時に取れない価値のないマイルプログラム。また日本ではたった数万円の年会費でAMEX会員にゴールド資格を開放するなど、米国では考えられない、ふざけたことを実施していますね。近いうちに、これらのカード特典も廃止になるのでしょう、またはプログラムが縮小、終了するとかね。
    UA, Alaska、Americanにはこのような低レベルのサービスに追随しない対応をお願いしたいです。今年は、Dxx、ALaska とプレミア会員ですが、今年はマイレージプランに大幅な変更がなくダブルマイルを実施しているAlaskaを優先して利用 or Alaska関連のグループ航空会社を利用、2番手候補はUA、Ana系、DXX社は、マイルで取れた場合のみ利用したいと思います。僅かな貢献レベルかもしれませんが、DxxよりアラスカやUAの社員に多くボーナスを貰ってもらいたいので。

    • tak Post author

      NWエリアさん

      初コメント (ですよね?) ありがとうございます! ハンドルからするとWAかORのお住まいでしょうか?

      おっしゃるとおりDLの強気さにはあきれるばかりですね.しかしUAもDL追随の傾向があり,まだまだ気が許せないような感じもします.特典チャート秘匿は (まだ) 追随していませんが・・・ 日本のAMEX保持者へのゴールド開放は確かにおいしすぎるので,シルバー格下げなどは大いにありえそうですね.ただ,日本に提携先がない不利を補おうとしているのかなとも想像しています.
      FFプログラムはひどいですが,本業である運航面ではDLも捨て難いのが私にとっては悩みの種です.北西部ならASが強いのでいいですよね.

      • NWエリア

        Takさん、いつも貴重な情報をありがとうございます。最近の航空券サーチの結果からすれば、Alaskaは、American/Jalグループのチケットを含めAlaska社利用と同額レベルで提供(Dxxを含めたほうが割高に設定)しており、近年内にワンワールドに加入するような気がします。そうなるとNationwide的、国際的にも選択メリットが出てきます。AlaskaもDxx社に対抗し DXX 主要発着地のシアトル、ソルトレーク発のダブルマイルキャンペーンを実施、Dxxも単純6往復で特典Goldを発行するなど、過激なキャンペーンです。この2都市居住者に限って Dxx,かAlaskaどちらの航空会社もダブルにポイントが可能です。(ただし、メール案内を受領した限定会員用キャンペーンのようですが、。)現状のままですと、UAは静観しており、今年NW地域では、FFエリート顧客数を失っていくことになるでしょうね。From Seatac

        • tak Post author

          NWエリアさん

          SEAですか! ASとDLのプロモーション競争がうらやましいです.UAはSEAでは完全に撤退モードですね.ASがOWに加入するとインパクトありそうですが,DL以外のST各社とも提携していますし,どうでしょうねえ.個人的にはQRの横槍が入ってEKとの提携が解消されると残念な気がするのですが・・・