デルタが大陸横断線のエコノミーコンフォートアメニティをさらに改善


JFK~ロサンゼルス・サンフランシスコ線は両端にお金持ちやビジネス客が多く,各社ともシート・サービスに力を入れています.特に上級クラスには国内線なのにフルフラットシートが入っていることも珍しくありません.
デルタも1年以内には全機フルフラットのビジネスクラスになる予定ですが,大手3社の中では一番アップグレードがしにくい会社でもあります.3月1日から無償アップグレードが廃止されたのに続き,大陸横断路線でも使えるグローバルアップグレードはダイヤモンドでないともらえなくなりました.マイルによるアップグレードも高い運賃クラスに限定されています.なお,デルタはシアトル線も含みます.
それが理由なのかどうかわかりませんが,エコノミーコンフォートのサービス向上に力を入れています.すでにアルコール類やスナックが無料になっていますが,6月4日からさらにアメニティが追加されました.毛布と枕があらかじめ席に置いてあるようになるほか,アイシェードや耳栓ももらえるということです.ほぼ国際線エコノミーの水準になるということになります.
なお,一応アメリカンとユナイテッドの状況を比較しておきます.
アメリカンは大陸横断路線も無償アップグレードの対象ですし,アップグレード券・マイルもすべての運賃で使えます.また3社の中で唯一3クラス機材 (A321) です.もしエコノミーになってしまったとしても,エグゼクティブプラチナにはもともとアルコール類・スナックが無料になるという特典があります.
ユナイテッドは無償アップグレードの対象ではありませんが,プラチナ以上がもらえるリージョナルアップグレード券が使えます.ただしエコノミーになってしまったら,1Kでも何もありません.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。