モンペリエ出張 (1) 初の無償アップグレードとパリまで


サンディエゴから帰って4日後,今度は南仏・地中海沿岸のモンペリエへ2日間だけの出張です.モンペリエは小さな空港でエールフランスしか選択肢がありません.アメリカンでロンドンまで行き,ブリティッシュエアウェイズが乗り入れているツールーズかリヨンから列車で行くことも考えましたが,あまりに面倒で断念.デルタのアップグレード券は持っていないし,マイルアップグレードもMという3番目に高い運賃からしかできないので,久しぶりの長距離国際線エコノミーとなりました.
往路はデトロイトとパリで乗継です.デトロイト便は(なんちゃって)プラチナになってから初めて無償アップグレードをゲットしました.前日夜からずっと空席2つでリストの2番目の状態が続き,出発30分ほど前にゲートで名前を呼ばれてファーストの搭乗券を渡されました.デルタコネクションの上,実フライト時間が1時間にも満たない路線なのであまり有難味はありませんが,それなりに広い席だし,飲み物とスナックが好きなだけもらえます.
足元スペースはこんな感じ.短いフライトでも毛布,枕,ペットボトルの水は各席に最初から置いてあります.
IMG_3160.jpg
隣との距離はこのくらい.飲み物はちゃんとグラスで出てきます.
IMG_3163.jpg
出発が25分,到着が15分ほど遅れましたが,乗り継ぎ時間は3時間近くあるので余裕です.それでもアプリには便変更のリンクが出てきました.確かに手回しは良いのですが,この程度の遅れでいちいち出てくるのもちょっとうるさい感じがしないでもありません.
地下通路を通ってメインのターミナルへ.シカゴのユナイテッドターミナルもそうですが,なぜか地下通路の照明に凝りたくなるようです.
IMG_3164.jpg
デルタのハブだけあってラウンジは巨大ですが,それでもかなり混雑していて写真は取れず.シャワーがあることに後から気づき,夜行便に備えて浴びておけばよかったと後悔しました.
時間が来て,いよいよパリ便に搭乗です.席はエコノミー最前列右側のバルクヘッド.荷物は置けませんが,この通り広々とした席です.私の足では壁まで届きません.隣のおじさんは背が高く,ときどき足を付けて休んでいました(汚い!).肩幅も広い人だったので横はちょっと窮屈でした.
IMG_3165.jpg
IFEも身を乗り出して操作しなければなりません.
IMG_3166.jpg
フライトの様子は続きから・・・


離陸しました.3月に入りようやく少し暖かくなってきましたが,デトロイト付近も寒そうです.
IMG_3172.jpg
サービスは飲み物とおつまみ.エコノミーのワインは小ビンで出てくることが多いような気がしますが,デルタは紙パックから注ぐ方式.
IMG_3176.jpg
夕食のメインは3種類 (詳しい内容は失念) あり,ビーフストロガノフを選びました.本当にビーフストロガノフと言える料理かどうかはともかく,食べられる肉と味でした.今回のFAは以前の国内線と比べると無愛想な感じ.
IMG_3177.jpg
夜になりました.
IMG_3178.jpg
ヨーロッパへ行く夜行便はいつも寝不足になります.ベートーヴェンの交響曲が1番から全曲入っているアルバムがあり,それを聴きながら就寝.寝られるかどうか心配でしたが,運命や田園を聴いた記憶が全くないので,少しは寝たようです.
8番に入ったあたりで物音で目が覚めると,チーズバーガーのようなスナックが配られました.到着1時間ちょっと前です.
夜が明けてきました.
IMG_3179.jpg
追い風が強かったらしく,30分ほど早く着きました.予定だと乗り継ぎが1時間5分しかないところだったので助かりました.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。