航空券手配:アメリカン編


4月あたりまでの航空券手配を進めています.まずアメリカンで2件.
今月下旬のオレゴン州ポートランドは,普通に往復アメリカンで取りました.シカゴ経由の方が距離としては近いのですが,冬で悪天候が怖いから (実際に今週前半は大寒波で混乱していました) とか何とか言って,ダラス経由にしてマイルを水増しします.
3月の広島も詳細が固まってきました.
今回は航空券の限度額が決まっており,往復ビジネスは難しそうですが,片道なら何とかなりそうです.そうなると,理想の組み合わせは往路をJALのSS7ビジネス,復路をアメリカンのエコノミーにしてアップグレードを狙う,ということになります.
アップグレードするためにはアメリカンのウェブサイトで購入するのが無難ですし,往復で違うクラスを取るのも簡単です.JALの北米ウェブサイトはエコノミー+プレミアムエコノミーかプレミアムエコノミー+ビジネスの組み合わせならオンラインで取れますが,それ以外は電話をしないといけないようです.
そこでaa.comでいろいろ探してみると,787のボストン経由ならビジネス+エコノミーの組み合わせで予算内に収まりそうな金額なのに,シカゴ・JFKといったSS7ルートだけ妙にビジネスクラスが高額なのです.ExpertFlyerで運賃クラス別の空きを調べると,どうやらアメリカンのコードシェアには格安ビジネスの運賃クラスIを全く出していないようで,正規運賃しかありません.やっぱり席数が減ったのに人気があるのでコードシェアには出したくないのかな・・・と思いつつ,数日なら待ってもよいのでIクラスに空きが出たらアラートが来るように設定しました.
するとわずか数時間後,早くもアラートのメールが来ました.アメリカンのサイトで調べると,確かにJAL運航・アメリカンコードシェア便を使ったシカゴ経由もボストン経由とほぼ同じ値段になっています.帰りはアップグレード枠の空いている便がなかったので,現時点でビジネスクラスが一番空いているものを選び,予約しました.JAL便の座席は勝手に10Kが割り当てられましたが,太陽と反対側の窓側なので変える必要はなさそうです.
hij_aa_res.png
探し始めて数時間で空きが出るというのはすごい偶然ですが,妥協して787にしなくてよかったです.あとは帰りのアップグレードさえ確定してくれれば・・・

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。