アメリカンとUSエアウェイズ合併手続き完了


今日,アメリカンとUSエアウェイズの会社としての合併手続きが完了し,法的には1つの会社となります.ただ,利用者に合併が見え始めるのはもう少し先になりそうです.現時点では以下のことが決まっています.

  • 新会社の社長は旧USエアウェイズ社長のDoug Parker
  • 新会社は「アメリカン航空 (American Airlines)」の名前で運航.ただし表面上はまだ1年ほどはUS Airwaysの名前が残ると思います.
  • 新会社はワンワールドに所属.
  • 予約システムは現アメリカンのものを採用.USエアウェイズのシステム (SHARES) からの移行日はまだわかりません.
  • Doug Parkerはビジネス・ファーストクラスのサービス水準は現アメリカンのものを採用すると明言していますので,期待しましょう.移行処置として,USエアのサービスをアメリカンの水準にまで上げていくそうです.

マイレージプログラムについては両社にかなり違いがあり,統合後どうなるかはまだわかりません.

  • 上級会員資格:アメリカン3段階,USエアウェイズ4段階
  • 最上級会員のアップグレード券:アメリカン8枚,USエアウェイズ2枚
  • 国内線アップグレード:アメリカンはエグゼクティブプラチナ以外500マイル券必要,USエアウェイズは無償
  • 上級会員資格基準:アメリカンはマイルとポイント,USエアウェイズはマイルのみ.金額基準の導入は!?
  • 提携クレジットカード:アメリカンはCiti,USエアウェイズはBarclay.どちらが新アメリカンのカードとして残るのか正式発表はまだないと思いますが,下馬評ではCitiが有力です. 破綻処理の条件としてCitiが引き続きアメリカン提携カードを発行するという取り決めになったそうです.
  • そしてもちろん,特典チャートとルール.USエアウェイズの場合,特典のルートはかなり自由に選べた(ヨーロッパ経由で北米~アジアなど)のですが,アメリカンではそうはいきません.

一応,数ヶ月先までの予定は発表されています.

  • 来年1月7日に統合のための「最初のステップ」が実施されることになっており,これが初めて利用者の目に見える変化が起こる日でしょう.おそらく,互いのフライトでマイルを加算したり,エリートステータスを利用できたりするようになるのではないかと思いますが,詳細はまだ不明です.この日にUS Airways ClubがAdmirals Clubに名称を変えるという情報もあり,ラウンジの相互利用もできるようになるかもしれません.
  • 2月には両社のフライトにAA・US両方の便名が付き始めるようです.
  • USエアウェイズ3月30日にスターアライアンスを離脱し,4月3月31日ワンワールドに加盟します.

その後,FAAが新会社に運航許可を出すと初めて運航面が統合されます.利用者にとって一番影響がありそうなのは予約システムの統合.いつもかなりの混乱があるのでなんとかスムースに行ってほしいものです.パイロット・FAが両社の機材・路線にまたがって乗務するようになるのはかなり先になると思います.なにしろUSエアウェイズは前のアメリカウエストとの合併でさえこの段階まで行っていませんから・・・

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。