サウスダコタ・ワイオミングの旅


過去の旅行記第2弾は,2012年春のアメリカ中西部,サウスダコタ・ワイオミングの旅です.
飛行機でサウスダコタ州西部のラピッドシティ (RAP) に降り立ち,まず西へ向かってワイオミング州にあるデビルズ・タワーに行きました.異様な岩ですが,火山の中のマグマが固まり,回りの土が全部削れて固まったマグマだけが残ったのだそうです.周辺のインディアンが神格化したのもうなずける光景です.この日は天気が悪く,頂上付近は雲に隠れていました.
IMG_5789.jpg
回りにはプレーリードッグの巣がたくさんあって,ちょっともぐら叩きみたいです.叩きませんが...
IMG_5780.jpg
制限速度毎時75マイル (時速120キロ) の真っ直ぐな高速道路を東へ突っ走り,サウスダコタ州にあるバッドランズ国立公園へ.これまた異様な光景ですが,このように地層が等高線のようにくっきりと見える丘が延々と続いています.
IMG_5813.jpg
このあたりは赤っぽい地層が露出しています.
IMG_5810.jpg
植物といえば,サボテンぐらいしかありません.
IMG_5832.jpg
しかし,周辺の草原にはバイソンの群れがいます.
IMG_5770.jpg
自然の美を堪能した後は,人工のモニュメントを見に行きます.まずは,有名なマウント・ラシュモア.歴代4人の大統領の顔を崖に彫るという,意味があるかどうかは別にして,常人には考え付かないようなことを80年以上前に始めたのがすごいです.遊歩道を伝って顔のすぐ下まで行けます.
IMG_5861.jpg
あまり日本では知られていませんが,近くで未だ制作中のモニュメントがあります.それがこちらのクレイジー・ホース・メモリアルです.
IMG_5850.jpg
完成予想模型 (手前) と現在の様子 (奥).まだまだ先は長そうです.
IMG_5852.jpg
インディアンと白人の関係という,アメリカの複雑な歴史を再認識する1日でした.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。