24時間以内の無料キャンセル


アメリカでは,Department of Transportation (日本で言う国交省) の規定で,アメリカ発の航空券を購入する人が考え直す時間を最低24時間与えなければならないことになっています.日本のクーリングオフみたいなものですね.その間に他の航空会社を検討したり,ホテルの空きを確認したり,日程に間違いがないかを確かめたりすることができるわけです.
特に重宝するのはアップグレードしたいときです.アメリカンでは発券前でもアップグレードをリクエストできますが電話をしなければならず,ユナイテッドは発券されてからでないとアップグレードをリクエストできないので,予約からアップグレードリクエストまでどうしてもタイムラグが発生します.一応ExpertFlyerでアップグレード枠があることを確認してから予約しますが,リクエストまでに埋まってしまう可能性がないわけではありません.そんなとき,駄目ならキャンセルというオプションがあれば安心ですね.
やり方としては,チケット購入を24時間保留できるようにする (アメリカン) か,購入後24時間は無料でキャンセルできるようにする (その他の大手) かのどちらでもよいことになっています.アメリカンのやり方だと代金を払わなくてよいのはいいのですが,予約に他社便 (アメリカンの便名がついていればOK) が入っていると保留させてくれないのでちょっと不便です.先日も出張先の都合伺いと並行してブリティッシュエアウェイズ運航便が入った旅程を予約しようとしたのですが,アメリカンのコードシェアにすると$100以上高くなるので,迷った挙句先方の都合がわかってから予約することにしました.運が悪いと1日で一気に値段が上がることもありますが,今回は幸い翌日も同じ値段でした.
なお,ユナイテッドではUA便のみの予約については有料で最長7日まで保留することも可能です (FareLock).

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。