ミュンヘン・ボストン出張 (11) アラスカ航空 SEA〜SJC 2


到着便もサンノゼ便も同じコンコースCだったので,そこのラウンジにラウンジ券を使って入りました.狭くて混雑していたので,バーエリアの奥に席を確保.

食事はサラダとスープ程度です.バーに「チップ不要」と書いてあって感心しました.

サンノゼ便の席は4Aです.デルタを板挟みにして韓国のライバル航空会社がお揃い.アシアナはA350のようです.

北へ向かって離陸し,左旋回.空港の向こうにレーニエ山が見えます.

少し南へ行くとレーニエ山がさらにくっきりと見えました.

手前がセント・へレンズ山,奥がアダムス山でしょう.

クレーター湖.

すっかり報道されなくなりましたが,山火事はまだ続いているようです.

食事はサンドイッチ.

シャスタ山ですかね?

奥の複雑な形の湖はシャスタ湖,手前にちょっとだけ見えているのはトリニティ湖.

恐竜の背骨みたいです.

そろそろサンフランシスコです.

ベイブリッジとダウンタウン.

サンフランシスコ空港上空を通過.

シリコンバレーを一望します.

南側から着陸しました.

丸10日間・6区間の出張でしたが,大きな遅れもなく順調に終わりました.次はアラスカ航空修行2連発になります.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “ミュンヘン・ボストン出張 (11) アラスカ航空 SEA〜SJC

  • NWエリア

    ASの修行ですが、先週のNY.Boston強風によるAS便のキャンセルは問題ありませんでしたか?SF・SJからの東海岸往復などは、まだ旨味がありますね。
    余談ですが、先日ホノルルより、アメリカ北西部までアラスカ航空プレエコを利用。搭乗後、離陸まで一時間程度の遅れが発生、その理由は搭乗者の一人が出発前にVomitしたことです。かなりの悪臭が該当列から前後の5列にまでプーンと充満。約一時間のCerwと搭乗者とのやり取り、その間、清掃実施、検査などで待ち時間を喰らいました。皆辛抱強く待ちました。結果すんなりとVomitの搭乗者は、Get−outに同意となりました。最近のUAの引きずりおろしの事例(Sorry to tell about this but)と比べると、この度は、暴言もシャウトなどもなく、快挙にちかい真摯な対応をCrew担当が辛抱強く実施していたと感じましたね、大変関心しました。またこのディレイの約一時間を、パイロットが到着までに取り戻したことも追記しておきます。

    • tak Post author

      NWエリアさん

      強風によるキャンセルは全く知りませんでしたので,影響はなかったのだと思います (笑).
      機内での嘔*は珍しいですね.ある程度は不可抗力とも言えますし,アラスカ航空にも責任はないので,そのような場合のほうが冷静に対応できるのかもしれません.それにしても出発してから起こらなくてよかったですね・・・