アラスカ航空の変更ルールが改悪へ 8


アラスカ航空は米系の中で「オアシス」ともいうべき寛容さで知られていましたが,どうやらそれは維持できないようです.6月5日から以下の変更があります.

24時間以内の無料変更

アメリカ運輸省 (DOT) の規定で,アメリカを発着する航空券は24時間以内であれば無料でキャンセル・変更ができるようになっています.海外エアライン発券でも同じです.DOTが定める例外は出発まで7日以内の場合ですが,米系エアラインはそれよりもゆるいルールになっていることが多く,デルタは出発直前の購入でも24時間以内のキャンセル・変更は無料です.

アラスカ航空も同様のルールでしたが,6月5日発券分から出発まで24時間以内の場合は適用されなくなります.購入から出発まで25時間であれば出発1時間前まで無料キャンセル・変更が可能ですが,出発から23時間前に購入すると無料にならない,ということでちょっと理不尽な感じもしますが,一応まだDOTの規定よりはだいぶゆるいルールではあります.

60日以上前の変更が有料に

これまで会員ランク・航空券種別を問わず60日以上前の変更は無料だったのですが,MVP Gold・MVP Gold 75K会員以外は6月5日発券分から手数料125ドルがかかるようになります.

同日変更手数料値上げ

6月5日搭乗分から同日変更手数料が25ドルから50ドルに値上げになります.MVP GoldとMVP Gold 75K会員は今まで通り無料,カリフォルニア州内フライト・シャトルフライトは25ドルのまま据え置きです.

ただしポジティブな変更もあります.これまではフライト6時間前からしか変更できませんでしたが,これが24時間前からになります.変更先のフライトは,これまで通り同じ日のフライトです.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

8 thoughts on “アラスカ航空の変更ルールが改悪へ

  • NWエリア

    Tak san  ついにオアシスにも制約、見直しが実施されますか。実飛行マイルベース加算は継続のようです。アジアからのALSKカスタマー.センターへの連絡の増加、JAL特典などの発券・変更などに時間がずいぶんと費やされた悪影響・対応でもあるのでしょうかね。

    • tak Post author

      NWエリアさん

      オアシスの水量が少し減ったようです (笑)。JLやアジア関係が特に増えたせいかどうかはわかりませんが、確かにこれまでの変更ルールは他社と比べてだいぶ寛容だったので仕方ないとは思います。

  • 匿名希望

    教えて頂きたいのですが、60日以上前でも変更料有料になるのは、ここでは6月5日発券分からと書かれてありますが、他の方のサイトではでは6月5日からと書いてあります。もし6月5日発券分からなら近日中に発券しょうと思っているのですが、アラスカ航空のホームページを見ても原文がみあたりません。どこにこの内容は書かれていますか?発券分からと書かれてあるところを見てみたいのですが?電話で変更した時にもし課金されるようなら、その時にもここに書いてあるよと言えるように。
    どうぞよろしくお願いいたします。

  • 匿名希望

    どうもご丁寧にありがとうございました。
    この書き方だと4日までに特典航空券にかえても5日からは125ドルキャンセル料が取られますね。
    CXもJLも改悪(自分にとっては)マイル数変更がありますし、あまりよいニュースがありませんね。
    このASで買うJLの東南アジア往復は1レグ目使っていると結局国際電話でお金払ってのその先の変更しかできず、2か月以上先でもお金かかっていましたので、変更が難しかったのですが予定が必ず決まっている人にはとても良い航空券ですね。

    • tak Post author

      匿名希望さん

      いえ,4日までに発券すれば60日以上先のフライトの変更は無料になると思います.フライト日が基準になる当日変更は travel that takes place on or after June 5, 2018 と違う書き方になっています.

      • 匿名希望

        ありがとうございます。
        では今日中に発券で、2か月以上先のものは変更ですね。
        しかし変更可能は1回ですよね?

        • tak Post author

          匿名希望さん

          はい,6月4日までに発券しても6月5日以降に変更するとその次の変更からは2ヶ月以内でも有料になります.