ロンドン・ブダペスト (2) ブリュッセル航空 ビジネスクラス JFK〜BRU 前編


私が聞き逃したのか,ルフトハンザラウンジ内では搭乗開始のアナウンスはなく,周辺に人がいなくなったのでラウンジを出発.ゲートに着いたらとっくに搭乗が始まっていました.

初のブリュッセル航空です.正確に言うとサベナ・ベルギー航空時代にブリュッセル〜ミュンヘン?に乗ったことがありますが,実質初めてと言ってよいでしょう.

シートはスタッガード型で,兄弟分のオーストリア航空によく似ています.足を入れるスペースが小さいのが欠点です.

両側にスペースがある席を確保できました.片側に電源・照明・小さな収納.

もう片側は単なるテーブルです.ノイズキャンセルヘッドセット,アメニティキットがあらかじめ置いてありました.ウェルカムドリンクのシャンパンはちゃんとグラスに.

前方はこんな感じ.

靴入れも両側にありますが2足も持っていません.

シートコントロール.

画面もタッチパネルですが,手元にもIFEコントロールがあります.

機内誌を見ていると,SuperJet SSJ 100という見慣れない機種が目に留まりました.なんとロシア製のようです.

安全ビデオは鳥をモチーフにしたコミカルな構成.

食事のメニュー.

シャンパンはローラン・ペリエ.

ワインのラインアップもまあまあかなと思っていたら・・・

なんと月替わりのワインとビールがありました.ビールはもちろんベルギー産.第一四半期ごとにメニューが変わるようで,今回は1〜3月が出ていました.こちらが1月.

2月.

私が乗った3月はこちら.

それ以外にも,よく見るステラ・アルトワからアルコール度数が8%を超える修道院ビールまで,ビールがかなり充実しています.

今月のビールと一緒にアペタイザー.

ビールなのでメインは魚でもよかったのですが,なんとなくチキンを.

2本目.

最後はデカフェのコーヒーで締め.

食事はおいしかったのですが,大西洋路線の割にはサービスが遅かった感じもあります.後編に続きます.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。