バンコク修行 (2) フィンエアー ビジネスクラス LHR〜HEL


ロンドン〜ヘルシンキにはいくつか選択肢があったのですが,キャセイラウンジがあるロンドンの乗り継ぎ時間が長くなるように選びました.その結果,ロンドンでは5時間余り過ごすことになりました.

そこでまずはシャワー.さすが,ブリティッシュエアウェイズラウンジのシャワーの無骨なデザインとは違います.

正午過ぎ,昼食メニューに切り替わったところを狙ってレストランへ.

まずガスパッチョ.

次いでシーバスのグリル.さすがに機内食ではお目にかかれない上品な味です.

目の前にレバノンの Middle East Airlines の機体.

香港行きが出発するとがらがらになりました.ヘルシンキからのフライトはやや遅れて到着したようで,ラウンジにも飽きてきた頃ようやく搭乗時刻になりました.

A320 なので,残念ながら普通のエコノミー席の真ん中をブロックしただけです.

まずプレッツェルとワイン.ここまで来て Penn State ということもなかろうと思うのですが.

ヨーロッパ内にしては立派な夕食.

出発が遅れたので,ヘルシンキ到着はバンコク便出発の1時間少し前になりました.ラウンジはトイレ利用だけにして閑散としたターミナル内を散策.いろいろアート作品が展示されていました.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。