ルーマニア旅行 (2) アメリカン・ルフトハンザ PHL〜MUC〜TSR


ミュンヘン行きのA330に乗り込みました.この機材は結構久しぶりです.逆ヘリングボーン型としては比較的早い時期に導入されたためか,IFE画面は小さめ.

コンセント・USBはちゃんと付いています.

物入れがほとんどないのが欠点です.

IFEのメニューを見ていると,CNNなどのライブテレビが目に入りました.前からありましたっけ?

飲み物と食事のメニュー.

ちょっと冒険してカモを事前注文しておきましたが,どうでしょうか.

日が暮れた頃にサービス開始.

前菜はあっさりめ.

カモはやや硬かったもののクレオール風の味付けは悪くありませんでした.

最後はアイスクリームで締め.

例によって機内の朝食はスキップ.ヨーロッパは全体に快晴でした.

定刻より少し早く到着しましたが,ミュンヘンでは珍しい?バスゲートとなってしまいました.考えてみればミュンヘンでターミナル1を使ったのは初めてかもしれませんので,こちら側ではわりと普通なのでしょうか.ターミナルビルでバスを降りるとすぐにイミグレだったので一旦入国.スルーチェックインしてある荷物は受け取らずに税関を通過し,歩いてターミナル2へ移動しました.アライアンス違いの乗継はこのあたりが面倒です.

ルフトハンザのビジネスクラスのチェックインカウンターに行き,日本人の係員から搭乗券を受け取りました.入国の30分後に出国してセキュリティチェックを抜けたら,なんとターミナル1行きのバスの案内を発見してしまいました.これの逆向きに乗れば,こんな面倒なことはしなくてよかったようです.

加算先はルフトハンザですが,トルコ航空のゴールドカードを提示してセネターラウンジに入ったら,卵料理がなくがっかり.

ほぼ定刻に出発.西へ向かって離陸し,大きく旋回します.

機材はEMB-195です.ビジネスクラスは2-2配置の左側は窓側のみ,右側は通路側のみを使います.このフライトは2列がビジネスクラスに設定されていましたが,客は私1人でした.

簡単な食事が出てきます.

初ルーマニアです.

着陸直前,小さな集落が見えました.

ティミショアラは予想通り非常に小さい空港でした.搭乗ブリッジはなく,タラップを降りて歩いてターミナルに入りました.

着いてすぐ用事があるので,まずはタクシーでホテルへ.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。