シンガポール航空の新スイート


シンガポール航空がA380のスイート・ビジネスクラスシートの更新を予定していますが,そのうちスイートクラスのシートマップが一瞬リークされたようです.場所は現在の1階から2階に移り,このように1-1配置が3列の計6席となります.現在のスイートクラスは12席ありますので,半減です.

2階はトイレが広いのはいいのですが幅が1階に比べて狭く,エミレーツの1-2-1配置は (ファーストとしては) やや窮屈です.エティハドと同じ1-1配置にすることでそれを解決するようですが,席数はレジデンスを含め10席のエティハドより少なく,どんな構造なのか気になります.

しかし,777-300ERのファーストクラスもシート更新後は8席から4席に半減し,ファースト特典はかなり厳しくなりそうです.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。