エティハドがブリュッセル航空の特典チャートを大改悪 2


エティハドマイルはかつてANAファーストクラスが破格の特典チャートで人気でしたが改悪されてしまい,残るお得な使い方はブリュッセル航空となっていました.

ところがこれもとうとう大幅改悪されてしまいました.新しい特典チャートはこちら (片道) ですが,以前の記事で取り上げた区間の新旧必要マイル数 (往復) を並べるとこうなります.

ブリュッセル発着・往復 Y C
モスクワ 8,376→26,000 13,960→44,000
マラケシュ 8,868→26,000 14,780→44,000
テルアビブ 12,096→40,000 20,160→64,000
ダカール 16,698→40,000 27,830→64,000
ニューヨーク 21,972→54,000 36,620→88,000
ナイロビ 24,474→? 40,790→?

ご覧のようにいずれも2〜3倍の大幅アップです.アメリカ〜ヨーロッパビジネスクラス往復8万8千マイルは悪くはありませんが,乗継に追加マイルが必要であることを考えるとブリュッセルに行く場合でないとお得感はありません.

あとはチェコ航空がよいそうですが,使う機会があるかどうか・・・ 先日オマーン航空に乗った約2万マイルを使うのが厳しくなってきました.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “エティハドがブリュッセル航空の特典チャートを大改悪

  • NWエリア

    Takさん

    まあ当たり前の改訂といえばそれまでといえますが、いきなり2-3倍へチャージというのは、やっぱり降参してしまいますよね。:<

    長期間放置されている?ような甘酸っぱい? チェコの交換レートの改訂も年内・時間の問題だと思われますが。(笑)

    • tak Post author

      NWエリアさん

      お得すぎるものが改悪されるのは宿命ですが,もうちょっとゆっくりやってほしいですね.しかも予告なしですし.
      もっとも,SNの特典空席はほとんど見たことがないので実際使えたかどうかわからないのですが.