ヴァージンアメリカ ブランドとFFP消滅へ


アラスカ航空とヴァージンアメリカの合併後の様子がほぼ確定しました.ブランドとFFPは基本的にアラスカ航空のものが踏襲され,サービスの一部でヴァージンアメリカのものが維持されます.

  • ヴァージンアメリカブランドは2019年に消滅し,アラスカ航空に統一されます.
  • マイレージプログラムも2018年にアラスカ航空の「マイレージプラン」に統合されます
  • ファーストクラスアップグレードもアラスカ航空の無償アップグレードシステムが維持され,2018年から旧ヴァージンアメリカのA320フライトにも適用されます.
  • IFEはアラスカ航空のストリーミング方式が採用されます.ヴァージンアメリカの機材には個人モニタが装備されていますが,これはアラスカ航空機材には搭載されません.
  • アップグレード無償化に対応するためでしょうが,旧ヴァージンアメリカA320のファーストクラスのピッチを55インチから41インチに減らし,席数を8から12に増やします (下の写真).
  • 同様に,A320にプレミアムエコノミーを設置します.

逆にヴァージンアメリカ由来のもので残るのは,いまいち実態のないものばかりです.

  • ムードラインティング
  • シートと制服を「モダンでスタイリッシュ」なデザインに

また,シアトル・ポートランド・ロサンゼルスのラウンジを改装・拡張するほか,サンフランシスコとJFKに新設します.

一番気になるマイレージプログラムに関しては,当面金額基準になる恐れはなさそうで,とりあえず安心しました.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。