“AAdvantage” の読み方 2


どうでもいいことですが.

アメリカンのマイレージプログラムの名前は AAdvantage と書きます.Advantage という単語にアメリカンの略称 AA を引っ掛けた造語です.アメリカンに乗り始めた頃は何と読むのか疑問に思っていましたが,日本語の Wikipedia エントリーによればもとの単語そのままの「アドバンテージ」でよいようです.しかし,たまにアメリカン職員でも最初のAを分けて「エイ・アドバンテージ」と読む人もいて,やや混乱もあります.

そういえばアメリカンのサービス名には A を2つ重ねたものが Priority AAccess,AAirpass などいくつかありましたが,いつの間にかそれぞれ Priority, Airpass になって二重のAはなくなっています.尾翼に描かれていた巨大な AA の字も新ロゴになって姿を消しました.

これは実は破産に伴うブランド刷新の一環で,サービス名や看板から “AA” をなくそうとしているのだそうです.そのうち「アドバンテージ」も普通の Advantage になるかもしれません.IATAコードのAAが変わることはさすがにないでしょうが.

もっとどうでもいいことですが,ユナイテッドの「マイレージプラス」は MileagePlus と1単語です.しかし,コンチネンタルとの合併前は Mileage Plus と2単語に分かれていました.これなどはよほど注意している人でないと気づかない変更ですが,何か意味があったんでしょうか?

ついでに付け加えると,デルタの正式社名は Delta Air Lines と Air と Lines が分かれています.アメリカンとユナイテッドがそれぞれ American Airlines,United Airlines と1単語になっているのとは一線を画していますが,これも意味があるのかどうか不明です.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on ““AAdvantage” の読み方

    • tak Post author

      Tomさん

      こんなしょうもない記事にコメントありがとうございます (笑).Air Lines と Aer Lingus は確かに似ていますね!
      昔は air と lines という単語しかなかったので分かれていたけど,そのうち airlines が1単語として認識されるようになった,という感じでしょうか.