デルタが国際線にプレミアムエコノミー導入へ


デルタの国内線では5月16日からコンフォートプラスが別クラスとなります.すでに一度取り上げましたが,新システムをおさらいすると.

  • これまでプラチナ以上の上級会員は予約時にコンフォートプラス席を選べたのですが,今後はいったん普通のエコノミー席を選んで発券し,「アップグレード」を待たなければなりません.実際には発券直後にアップグレードされる例が多いようですが,フライト直前の購入だったりするとそういうわけにもいかないかもしれません.また異なるステータスの2人が同じ予約に入っている場合は,アップグレード順は低いほうのステータスで決まります.
  • これまで上級会員でなくても追加料金でコンフォートプラスに座れたのですが,今後は最初からコンフォートプラス運賃を購入するか,運賃差額を払って再発券しなければなりません.

変更対象が国内線のみで,国際線は従来どおりの扱いになっているのが不思議だったのですが,国際線にプレミアムエコノミー導入・コンフォートプラス廃止という情報がリークされて謎が解けました.来年新規導入されるA350から始まり,その後777・A330など国際線用機材が順次改修されるそうです.

アメリカンはすでに国際線へのプレミアムエコノミー導入を発表しています.ユナイテッドではまだこのような動きはありません.

プレミアムエコノミーを導入する2社で注目されるのはアップグレードの扱いです.エールフランスなどではエコノミーからプレミアムエコノミーまでしかアップグレードできませんが,そうなるとアップグレード券の価値がかなり下がることになります.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。