2015年 エアライン・マイレージ十大ニュース 4


遅ればせながらアメリカも大晦日になりました.日米エアラインを中心に,恒例の (主観的な) 十大ニュースです.

1. ジャーマンウィング墜落事故

テロは乗客が起こすものという先入観を覆した,衝撃的な事故でした.以降,操縦室に必ず2人 (1人はFAでも) いるという規定が強化されています.

2. アメリカン・USエアウェイズが統合完了

3月にマイレージプログラム,4月に運航免許が統合されたのに続き,10月には予約システムも統合されました.これで米系大手は3社体制が固まり,寡占と好景気による航空運賃値上がりが懸念されています.

3. ユナイテッドCEOが突然交代新CEOはいきなり病気休養

悪評が高かった前CEOがニュージャージー州政府幹部に対する汚職事件捜査を理由に突然退任し,急遽ムノズ氏が就任しました.しかしムノズ氏も数週間後に心臓発作で入院,現在はCEO代行が指揮を執っています.ただ早くもいろいろなところでサービス・運航状況改善の兆しが見えてきています.ムノズ氏は来年第1四半期に復帰予定です.

4. マリオット,SPG買収へ

ホテル関係で最もインパクトがあったのがこれ.かねてから噂のあったSPG買収が,ダークホース・マリオットによるものと判明しました.SPGの優れた上級会員プログラムがどうなるのか注目されます.私は火事場泥棒的にステータスマッチを2件ゲットしましたが・・・

5. アメリカン特典チャート改悪・ステータス金額基準は導入見送り

アメリカンが来年3月からの特典チャート改悪・来年後半からの特典マイル金額ベース導入を発表しました.ステータスについては,金額基準の導入が見送られるなど,かえって上級会員になりやすい変更となりました.

6. アメリカン,プレミアムエコノミー導入へ

米系で初めて「本物」のプレミアムエコノミーを導入します.一方,デルタはそのステップを踏まずにコンフォートプラスを別クラス化しました.

7. アエロプラン特典チャート改悪

アメリカ発着にはあまり影響はありませんでしたが,アジア発着の必要マイル数は大幅増となりました.

8. スカイマーク支援はANA,デルタ敗北

デルタ参入で日本の空が多様化することを期待していましたが,順当というか,つまらない結果になりました.

9. デルタ,特典チャートを非公開に

世界で初めて?,特典チャートを一切公開しないという暴挙に出ました.需要に応じて必要マイル数をダイナミックに変動させるためのようで,すでにいくつかその例が出てきています.

10. ANA特典チャートがゾーン制に戻り,予約システムがアマデウスに

最初はなかなか良さそうなチャートでしたが,実施前に「改悪」され,結局そうでもないということになってしまいました.その後微調整され,一見普通そうな乗継ができないという妙なバグはなくなったようです.

番外

  • 注目の新規路線・撤退路線:新規 (復活) 路線ではJALのダラス線,アメリカンのロサンゼルス~羽田,ダラス~シドニー,ロサンゼルス~オークランド線が注目を集めました.一方,ユナイテッドがJFK撤退という歴史的決断を下したほか,「不公平な競争のため」デルタ・ユナイテッドが相次いで中東路線から撤退します.
  • 間違い運賃相次ぐ・DOTの方針転換:今年前半,通貨換算ミス (ユナイテッド),ベース運賃ゼロ (アメリカン),1桁間違い (ブリティッシュエアウェイズ) など凡ミスによる間違い運賃が相次ぎました.DOTは一度発券された航空券は何が何でも有効という姿勢を転換し,ユナイテッドとアメリカンのうちホールド中だったものはキャンセルされました.

それでは,よいお年を!


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

4 thoughts on “2015年 エアライン・マイレージ十大ニュース

  • shoji

    あけましておめでとうございます。
    私にはスターウッド売却が一番インパクトありました。
    単価の高い顧客を取り込めていないスターウッドはそういうゾーンの顧客を持っている先へM&Aするのが株主価値を高めるというような前提だったと思いますが、蓋を開てみると言ってることとやってることが全く反対でした。
    あとはアエロプランでしょうか。アジア地区直撃でしたので、バイバイしました。

    • tak Post author

      shojiさん

      明けましておめでとうございます (ここはまだあと3時間ほど2015年ですが).
      SPGメインのshojiさんにはSPG買収のニュースが大きかったでしょうね.そういう目的だと,確かにマリオットは合っていない感じがします.
      アエロプランはアジアへの打撃が大きかったので,私が日本に住んでいたらもっと順位が上だったと思います.

  • M

    明けましておめでとうございます。

    数年間、マリオット系列に年間100泊程度していたので プラチナでした。
    プラチナになる敷居が高い分、隠れベネフィットもあり それなりに良いFSPです。

    でもね、最近は ジリジリとレートを上げていて ヒルトン系列の方がお値打ちのことが多いです。

    それなので、ホテル代をカジノが払ってくれず 自費で負担する時は、ヒルトンに泊まることが多くなってきています。

    以前は、ヒルトンがプライスリーダーだったんですが逆転しています。
    お役に立てましたら幸いです。

    • tak Post author

      Mさん

      明けましておめでとうございます.
      年間100泊はすごいですね! マリオットはどのティアも泊数がたくさん必要で,私の場合は別のところからのベネフィットでゴールドがやっとです.ゴールドでもラウンジアクセスが保証されているのは確かに他チェーンと比べてよいと思います.
      しかしおっしゃるとおり結構高いことも多いですね.ヒルトンはなにしろ数が多いので,安い選択肢が見つかる可能性が高いようです.