シートベルトサイン


離陸後しばらくシートベルトサインがついているわけですが,航空会社によって消えるタイミングにずいぶん差があることに気づかれた方はいますか?
私の知る限りでは,米系航空会社では巡航高度に達するまで消えません.ところが,航空会社によっては電子機器が使えるようになるタイミング (高度10,000フィート) で消すところもあるようです.アジア系の某航空会社でベルトサインが消えたので早速トイレに行くために立ち上がったら,まだ結構な急角度で上昇中でちょっとびっくりしたことがあります.
あとヨーロッパで搭乗中に,給油中なのでまだシートベルトをしないでください,という機内放送を聞いたことがあります.火事になったらすぐ逃げられるように,ということなのでしょうか? ほかのところでは聞いたことがないような気がします.
米系航空会社がゆるいのは,着陸後すぐ携帯電話が使えるようになることです.アメリカ人は一般におしゃべり好きだからでしょうか.着陸するや否や,何人もが一斉に携帯を取り出して「今着いたよ」と話し始めるのでちょっと面白いです.
航空会社によって決まっているのでしょうが,安全のためだとすれば万国共通になるのでは? 不思議です.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。