アメリカンの当日変更ルールの変更


米系には格安の手数料 (上級会員は無料) で当日フライトを変更できるという制度があり,場合によっては便利なものです.アメリカンは前回の記事以降いくつか改善がありました

  • エグゼクティブプラチナについては手数料を免除
  • 国際線も対象に (手数料150ドル) ウェブサイトにはJFK~ロンドンのみ記載されていますが,他の路線でも使えたという報告もあります.

私もユナイテッドやデルタでは何回か使ったことがあります.アメリカンの場合,オンラインではほとんどオプションが出てくることがなく使ったことはないのですが,電話すると変更可能なフライトが見つかることもあるとは聞いていました.単にオンラインシステムのバグかと思っていましたが,どうやらそうではなかったようです.

先日,アメリカンの当日変更に関する詳細ルールの記述が更新されました.今までの運賃クラスに関する条件に加え,「ルート・乗継回数が同じ」でなければならなくなったのです.これはかなり厳しい条件で,1日1便しかない路線だと当日変更が全くできないということになりますし,せっかくUSエアウェイズと合併してハブが増えた効果もありません.

ところが,実はこれは以前からのルールに合わせてウェブサイトの方を更新しただけで,ルールそのものには変更がなかったことがわかりました.オンラインだとこのルールが厳密に適用されるのに対し,電話の係員は同じルートでない変更を認めるケースが多いので,電話の方がオプションが見つかりやすい,という事情だったようです.公式ルールが開示されて「ルールはこうだよ!」と指摘しやすくはなりましたが,実際の使い勝手はあまり変わらないかもしれません.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。