アメリカ事前入国審査拡大へ 8


かっちゃんさんに教えていただいて初めて知りましたが,現在カナダの主要空港・アブダビなどで行われているアメリカの搭乗前入国審査を成田など10空港でも開始するそうです.実施されると,例えば成田なら搭乗手続き→日本出国→アメリカ入国審査→搭乗→アメリカへ国内便として到着,という流れになります.

乗客側のメリットとしては,アメリカでこれまでより乗継時間の短いフライトが予約できるようになるということがあります.しかし,その分出発空港へ早く行かなければならないのであれば同じことですし,アメリカ便エリアではラウンジなどの設備がしょぼい可能性が高いです.また,別途アメリカ基準のセキュリティチェックが設けられるでしょうから,シールされた免税品でも液体物持込ができなくなります.特にアメリカ人・グローバルエントリー保持者にとっては完全にありがた迷惑,日本人の大半を占めると思われるESTA利用者にもほとんどメリットはなさそうです.

アブダビの場合,事前審査開始直後は大混乱してクルーも出発までに入国審査を通過できず,フライトが遅延するほどでした.私が2月に利用したときはイミグレそのものは問題ありませんでしたが,米国線エリアのラウンジがまだできていなくてゲート付近で長時間待つ羽目になりました.その後ラウンジはできたようですが,今後アブダビからの帰国はなるべく避けるつもりで,成田までこういう状況になってしまったら残念です.

ところで,疑問なのは成田・ヒースローなどアメリカ便が複数のターミナルから出発している空港での実施方法です.それぞれのターミナルに事前審査用施設を作るのか,アメリカ便を1つのターミナルにまとめるのか,いずれにしても実現は大変でしょう.できれば永遠に実現しなければいいのですが.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

8 thoughts on “アメリカ事前入国審査拡大へ

  • 大阪球場

    僕もこのニュースにびっくりしました。
    いったい何のために?誰に利益をもたらすのか?
    お役所の考えることはよく分かりません。

    まあ、乗客サイドから見るとおっしゃる通り、MCTが短くなるので乗り継ぎしやすくなると思います。
    あと、アメリカ経由で中米、南米等に向かう人には朗報ですね。
    そもそも素通りさせればいいもの、アメリカには用もないのにわざわざ入国審査、税関検査され、それに時間を取られて乗り遅れとなった日には(心情的には)たまったものではありません。

    やはりお役所のやること、利権が絡んでいるのでしょうか。
    お役所(提供者)側から見た利点は

    1番はアメリカ入国審査官のため、テロリストや入国できそうにない人は事前に食い止めようということでしょうか。トロントでは税関検査もありましたので、税関職員のためでもありましょうか。しかし、どの道強制送還させるだけ。事前に食い止めることにそんなに大きな利益があるのかわかりません。入国審査施設も分散するだけですし。

    2番は強制送還費用を負担したくない航空会社のため? または、乗り過ごした客の座席再手配の費用削減?

    3番は海外に駐在してみたい入国審査官や税関職員のため?

    まあ、素人の僕の予想ですが。

    • tak Post author

      大阪球場さん

      カナダは便数も多いですし,国内線用機材が使われることも多いのでまだわかりますが,今回増える意味は全くわかりませんね.アメリカ国内での乗り継ぎは楽になりますが,その分他所に転嫁しているだけで,トータルとしてはあまり変わらない気がします.ビザ利用者の列は,平均的には短くなるかもしれません.

      アメリカとしての利点は1番でしょうね.米国行きの航空機がテロに使われる可能性が小さくなりますし,強制送還の距離も短くなります.AUHはともかく,新しく導入される都市を見ると3番もありそうな(笑).

  • Jun@SJC

    ほんとこれ、メリットよりデメリットの方が大きいですよね。
    成田の場合、デルタが使っている第一ターミナル北ウイングをアメリカ行き専用にする、とかするんでしょうか?
    人の流れを物理的に分割することによる、無駄、ラウンジや免税店のサービスの定価、
    そして国内線からの乗り換えや、アジア各国からの乗り換えの時間の読めなささ(各社フライトの時間も変更する必要があるでしょう)
    お蔵入りしないかな・・・

    そんな暇あったらアメリカの空港での入国審査の効率化に予算を注いでほしいです。

    • tak Post author

      Jun@SJCさん

      おっしゃる通り,NRTでの乗り継ぎが面倒になりますね.万一北ウィングにアメリカ便が集中することになったら,JL・AAとしては非常に困ったことになりそうです.

      > そんな暇あったらアメリカの空港での入国審査の効率化に予算を注いでほしいです。
      GE・ESTA導入などで良くなりつつあるとは思いますが,本当にそうですね.大阪球場さんが指摘されているように,国際線同士の乗り継ぎでも入国が必要なのはかなり致命的だと思います.

  • KEN

    これには驚きました。CBPのプレスリリースを見る限りは交渉中であって、実際に始まるかは決まっていないようです。確かに「国内線」として着くには時間も読めるし便利ですが、結局早く空港に行かなければいけないのであれば、意味ないですよね。MCTが大幅に伸びれば前泊が必要なケースがでてくるかもしれないですし。

    日系を利用する場合は、そんなにメリットがないような感じがします。思いつく限りではシカゴ(そのままT1,T3に着けば)、サンフランシスコ、ホノルル、ヒューストン、ワシントン以外はターミナルが違うので結局はセキュリティを再度通過しないといけないので。

    • tak Post author

      KENさん

      はい,事前審査をする空港の側でもそれなりの投資が必要なので,その交渉をしているようですね.アメリカとしてはメリットを強調するのでしょうが,ちゃんとデタラメを見抜いて交渉決裂してほしいです (笑).
      おっしゃる通り,アメリカ側で再度セキュリティチェックが必要ならさらに意味がありませんよね.

      • ken

        takさん

        私も交渉決裂してほしいと思っています(笑)何も知らない人はメリットが多いと感じるかもしれませんが、実際はどうかといったところではないでしょうか。米系を多く使う駐在員や学生(ビザあり)はメリットが若干デメリットを上回るかなといった印象です
        選ばれた10空港のうち、いくつが実際に運用に移るか楽しみです

        • tak Post author

          kenさん

          本当に決裂してほしいですね.せめて成田ぐらいは.口車に乗せられなければいいのですが・・・ おっしゃる通り,ビザの人は混雑する確率が下がるので少しはメリットがあるかもしれませんね.