「機内ではマナーモードに設定の上,通話はご遠慮ください」


アメリカでは最近機内の電子機器利用ルールが緩和されましたが,さらにフライト中の通話も許可しようという動きがあるようです.
さすがにこれには反発が強く,デルタは仮にFAAなどが許可しても会社としては許可しないという立場を明確にしています.さらに旅客機内の通話を完全禁止にする法律を作ろうという国会議員が出てきたり,監督官庁がどこなのかも不明確 (航空関係はFAA,通信関係はFCC) だったりして,状況は混沌としています.
実は,航空会社によっては現在も機内での携帯通話が可能です.しかし,料金が高いためか,飛行中の機内はもともと騒音が大きいためか,トラブルになったという話はほとんどないそうです.
確かにアメリカでは出発前の機内で大声でしゃべっている人がときどきいるので,それが飛行中も続くかと思うとぞっとする一方,通話料が高ければ自主規制が働くような気もします.全面禁止とはせず,発信は禁止,受信したら通話を最小限にするというルールにして,緊急時に通話を受けるという選択肢を残すのがいいのではないかと思います.そうなったら,タイトルのような機内放送が普通になるかもしれませんね.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。