米系航空会社の無償アップグレード


ご存知の方もいらっしゃると思いますが,米系の航空会社では空席があればエリート会員を国内線ファーストクラスへ無償でアップグレードしてくれます.エコノミーが満席だからという理由ではなく,システム化されたアップグレード方式です.ユナイテッドの場合は,国内線用機材で運航しているアジア路線 (成田~香港など) も対象です.
ファーストクラスと言っても,もちろん国際線とは大違いでシートもリクライニングですが,一応アルコール類無料で,ある程度長いフライトであれば温かい食事も出ます.少なくとも,エコノミーと同じシートで中央席がブロックされているだけというヨーロッパ系航空会社のビジネスクラスよりはよいです.
アップグレードが確定する順番ですが,まずエコノミー正規運賃の場合は早くて予約時に確定します.それ以外はステータスに応じて出発の4日~1日前に確定します.もちろんこれはアップグレード枠がある場合の話で,なければ空席待ちリストに入れられ,運がよければ出発までのどこかで確定します.リストの中での順番はステータスレベル,運賃コード,予約日 (チェックイン後はチェックイン時刻) で決まります.
最近は航空会社の方も少しでも収益を増やすためにファーストクラスを格安で売ろうとするので,路線によっては最上位のステータスでも無償アップグレードは難しいようです.それ以外のステータスだと,現実的にはほとんど無理だと思っていたほうがよいでしょう.
私もユナイテッド1Kなのにアップグレードを逃したり,搭乗直前に確定したりということが頻繁にあります.一番ぎりぎりだったのは,誰かが乗り継ぎを逃したのか,エコノミーの席に着いてから地上係員がファーストの搭乗券を持ってやってきたときです.空港内のレストランで買っておいた夕食の処置に困りましたが...
なお,アメリカンのみエグゼクティブプラチナ以外が割引航空券でアップグレードするときは500マイルあたり1枚のアップグレード券が必要です.このアップグレード券は10,000マイル飛ぶごとに4枚もらえるほか,1枚$30~35で購入することもできます.ということで完全無償ではないのですが,下位のステータスの人にとってはこの方がアップグレードのチャンスが高いと言えます.ユナイテッドも数年前までこの方式でしたが,現在は完全無償です.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。