アメリカンの新しい搭乗方式


以前記事にしたように,アメリカで飛行機に乗るのはちょっとしたバトルなのですが,アメリカン航空が新方式を導入しました.
アメリカ国内線とカナダ路線では,機内持ち込み手荷物が1個しかなく頭上の荷物入れを利用しない乗客はグループ1とグループ2の間に搭乗できるようになります.確かに,荷物の収納に時間がかかる人のせいで身軽な人まで搭乗ブリッジや通路で待たされるのはイライラするので,よい方法かもしれません.逆に,荷物が少ないならわざわざ早く乗る必要はないのでは,という意見もありそうです.
ちょっと疑問なのは,どうやってずるをして早く搭乗しようとする人を取り締まるかです.搭乗口で確かに手荷物が1個しかないことを確認し,さらに機内で荷物入れを使わないように監視する必要がありますが...出発準備に忙しいFAがそこまで強制できるものなのでしょうか.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。