デルタがエコノミーのスナックを改善 2


米系のマイレージプログラムはここ最近改悪の一途を辿っていますが,サービスに関しては若干の改善が見られるような気がします.しかも,驚くべきことにほとんどデルタが先鞭を付けたものばかりです.

例えば,現在IFE (モニタ・ストリーミング配信を含む) は全て無料になっていますし,デルタ・ユナイテッドは国内線エコノミーでも簡単なスナックが出てきます.デルタのビスコフクッキーやユナイテッドのワッフルはなかなか評判が良いです.

そんな中,デルタが国内線エコノミーのスナックを改善するという話が出てきました.これまではデルタのロゴが入った独自ブランドだったのですが,12月14日からビスコフ以外が有名 (?) ブランドのプレッツェルやピーナッツになるそうです.また,JFK〜LAX・SFOの大陸横断路線では国内線エコノミーの機内食提供を試行し始めました.

喜ばしい一方,毎年のように最高益を更新しているのだから,このくらいはしてくれて当然という気もします.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “デルタがエコノミーのスナックを改善

  • NWエリア

    Tak さん たしかにここ最近の改悪/改善のリーダーは、DLのようですね。大陸横断線の機内食無料サービスですか?短距離路線ですが、他社が12.5Kのところ、5Kマイルでの片道特典サービスなども結構便利ですね。他社、カスタマーを振り回し/かき回しながら、他社より一歩先に改善実施の部分があります。毎年最高益更新なら還元実施とも考えられますね。しかしTakさんの仰るとおりDLへ期待、油断は禁物です。2017特典プログラム.サービスランクでは、AS/DL/UAのあと、スペース、そして最後にAAといった順でしょうか。(笑)

    • tak Post author

      NWエリアさん

      DLは良きにつけ悪しきにつけ米系のリーダーですね.機内サービスやラウンジは明らかに改善しています.スカイマイルにはおっしゃるとおり良いところもありますが,ひどいところがはるかに多いので総合的にはUAやAA以下だと思います.
      ASはFFPでは断トツのトップですが,サービス面では大手に抜かれつつあるような気がします.ヴァージンアメリカとの合併でそちらにテコ入れがされればいいのですが.