米系エアラインのよいところ 4


そんなところあるの?と思うかもしれませんが・・・

アップグレードなどの特典が充実

米系以外のエアラインの上級会員特典というと,ラウンジ,荷物,優先チェックイン・搭乗ぐらいしかないことが多く,アップグレードに関してはOpUpの優先度が高い程度です.これに対し,米系は国内線無償アップグレードに国際線アップグレード券と,アップグレードに関する特典が充実しています (実際にアップグレードされるかどうかは別として).細かい特典としては,国内線エコノミーでのスナック・アルコール飲料無料 (アメリカン・ユナイテッドの最上級会員) もあります.また,新しいステータス基準に到達して数日以内に全ての特典が使えるようになるのは当然だと思っていましたが,世界的に見るとそうでもないこともあるようです.

ウェブサイト・アプリの機能が充実

米系でもばらつきはありますが,複雑な旅程の有償・特典航空券予約がオンラインで比較的簡単にできる印象があります.旅行中も,アプリでフライトステータスを見ると出発・到着予定時刻やゲートはもちろん,使用機材の状況までわかり,空港の表示板を見る必要はほとんどありません.しかし,世界的にはオンラインではゲートまで表示しないエアラインが意外と多いのです.アメリカン・デルタでは預けた荷物の状況までわかります.

自社便はステータスマイル100%加算

特典マイルはどこも金額基準になってしまいますが,ステータスマイルは自社便に乗る限りどんなに安い運賃でも100%加算されます.

電話が24時間対応

対応の質や待ち時間はともかくとして,少なくともアメリカの英語窓口は年中無休で24時間受け付けています.これに対し,JALは長くて7時~20時 (国内線) ですし,ANAも国際線は24時間対応ですが国内線は6時半~22時となっています.ブリティッシュエアウェイズも受付時間が短く,開いている時間帯の国を探さなければならなかったりして不便です.

総額表示・24時間以内無料キャンセル

これはエアラインが好きでやっているわけではありませんが,アメリカ運輸省 (DOT) の規制で最初からサーチャージ・税を含んだ値段を表示しなければならないことになっているのは,航空券購入には便利です.また,出発7日以上前の航空券は24時間ホールドまたは24時間以内無料キャンセルが義務付けられています.アメリカで航空券を販売する海外エアラインも,この2つのルールに従わなければなりません.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

4 thoughts on “米系エアラインのよいところ

  • かっちゃん

    某中華系航空会社の航空券を、航空券販売サイトから購入したところなので、この記事は非常に合点がいきました。
    発券され、航空券番号も付与されているのに、ホームページから自分の予約にアクセスできなかったんですよね。
    不安になりまして、電話してリコンファームするという20世紀の行動をしてしまいました。

    その点、米系のシステムは洗練、とは言わないまでもシステマティックでわかりやすく、慣れると快適で使いやすいと痛感します。

    • tak Post author

      かっちゃんさん

      ウェブサイトで購入した予約にアクセスできないとは恐ろしいですね! そういえば昔は72時間前までにリコンファームという作業がありましたね.懐かし・・・くはないですが.
      人員削減のためか,米系はオンラインでたいていのことができるので便利ですね.ただ完全ではないので,どこまでオンラインでやって安全かというラインを知らないと痛い目に合うこともあるようです.

  • 大阪球場

    Takさん、

    Takさんが挙げられた以外に何かあるかなー、無理やり挙げようとしてもなかなか出てこない。出てきてもすぐ自分の頭の中で打ち消される。

    あ、充実した米国内路線網はどうでしょうか。あたりまえか!

    米国内線は競争によりうまくいけば安い運賃が見つかるはどうでしょうか。サウスウエストとの競合路線は比較的安いような気がします。

    またはキャリアも経由地も選択肢が多かったはどうでしょうか。
    今は合併が進んでキャリアの選択肢は少なくなりましたが。

    • tak Post author

      大阪球場さん

      日本などよりはキャリアの選択肢が多いのは確かですね.おっしゃるとおり,LCCと直接競合する路線は特に安いと思います.しかし最近はヨーロッパもアジアもLCCが台頭してきたので,路線によってはびっくりするくらい安いこともありますね.
      経由地の選択肢が多いのは,キャリアごとにハブが違う上に,国土が日本と違って面に広がっているということも関係あるかもしれません.