SPG・マリオットのカテゴリ改定 8


SPGマリオットから,特典ポイント数を決めるカテゴリの改定が発表されました.

SPGは3月10日実施で,22%のホテルのカテゴリが変更され,上がるものと下がるものがほぼ半々です.

一方マリオットの方は3月20日実施ですが,36%のカテゴリが変わり,なんとそのうち4分の3でカテゴリが上がります.つまり全体の27%ものホテルのカテゴリが上がり,かなり影響がありそうです.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

8 thoughts on “SPG・マリオットのカテゴリ改定

  • グローバル・フライヤー

    今年、Ritz Carltonのクレジットカードからポイントを入手、ゴールド・エリートと共にポイント利用を考えていたところ今回のカテゴリー変更。
    見事に宿泊予定をしていた2つのホテルがカテゴリーアップする予定です。
    飛行機はすでに予約済みですのでカテゴリーアップ前に予約を入れれば問題はないのですが、予定変更やIHGのPointBreaksの利用可能な場合はとても悩みます。

    • tak Post author

      グローバル・フライヤーさん

      そうですか・・・ マリオットのゴールドステータスは便利ですが,ポイント数が増えてしまっては元も子もありませんね.IHGも使えるとなれば確かに悩みそうです.

  • NWエリア

    あまり期待していなかったのですが、マリオットリワード さらにポイントカテゴリーを一方的に引き上げですか。3-4年くらい前までは、マリオット系も使い勝手がよく重宝していたのですが、一方的にポイント必要レベルを(オレゴン州ポートランド近郊エリアなどで)2-2.5倍に引き上げた頃からマリオットホテルの選択は避けるようにしてきました。急激にポイントの価値が下がって、また特典利用が難しくなるという点では、デルタのマイルと同様のイメージがあります。顧客の視点に立ち良心的なホテル特典プログラムを実施してくれているのは、現在IHGくらいでしょうか。HILTONプログラムもいろいろと変更がありますが、ここにきてマリオットと逆転、まだましな印象がでてきました。

    • tak Post author

      NWエリアさん

      私はマリオットがUAと提携してから使い始めたので利用歴が浅いのですが,そんなことがあったんですか.今年はSPGもハイアットもわりと穏当な変更だった中で,マリオットの強気さが目立ちますね.ヒルトン,私もあの改悪以降あまり良い使い道がなくて困っています・・・

  • makomako

    マリオット修行をしているところにこの情報はびっくりしました。
    現在マリオットリワードの新規アカウント作成、プロモ登録、2滞在でカテ5までの1無料宿泊もらえるキャンペーンをやっていて、アジアの安いマリオット系を泊まっていたところでした。
    MegaBonusで2500マイルも追加でもらえるので、1泊70-150USDx2の投資で1泊+2500mileとなかなか投資しがいのあるキャンペーンです。
    UA*Gとのひも付けも完了したので、修行自体は楽しいです。
    狙っていたのはKULのJWと、BKKマリオット、パタヤのマリオットスイートで、この辺はカテが変わらないので幸いです。

    • tak Post author

      makomakoさん

      マリオットのキャンペーンはときどきいいのをやっていますよね.私はシルバーに陥落したこともあり必要以上に泊まる予定はありませんが,ポイントだけは結構あってどうしようかと思っているところです.それにしても,狙っておられたところが据え置きで幸いでしたね.

    • グローバル・フライヤー

      Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit は4から5になる予定です。同じバンコクのCourtyard Bangkokも3から4に変わります。

      • makomako

        グローバル・フライヤーさん
        フォローアップありがとうございます。
        カテ5ならなんとかサートが使えますね。良かったです。