クレジットカードポイント移行先一覧 (アメリカ発行) 2


※2015年8月アップデート:SPGから大韓航空へ移行できるようになりました.

Citi ThankYou カード・ダイナースクラブが参入してきて,航空会社・ホテルへポイント移行可能なクレジットカードポイントの種類が増えてきましたので,自分用のメモを兼ねてまとめておきます.いずれも,クレジットカード1ポイントあたり航空会社・ホテルの何ポイントに相当するかを示します.なお,LCCなど個人的にあまり興味のない航空会社・ホテルは省いてあり,各プログラムとも移行可能なところはもっとあります.
SPG=スターウッド
UR=Ultimate Rewards (Chase)
MR=Membership Rewards (Amex) ※アメリカ発行カードの場合
TY=ThankYou (Citi)
DC=Diners Club

SPG UR MR TY DC
ユナイテッド 0.5 1
ANA 1 1
エアカナダ 1 1 1
シンガポール 1 1 1 1
タイ航空 1 1 1
エバー航空 1 1
アメリカン 1
JAL 1
ブリティッシュ 1 1 1 1
キャセイ 1 1 1
カタール航空 1 1
デルタ 1 1 1
大韓航空 1 1 1
エールフランス 1 1 1
アラスカ航空 1 1
エミレーツ 1 1
エティハド 1 1
ヒルトン 1.5 1 1.6
ハイアット 1 0.6
マリオット 1 1.2
IHG 1 1.2
SPG 1 1/3 0.6

いくつか気づいたこと.

  • もちろん最強なのはSPGですが,大韓航空・エバー航空に移行できないこと,ユナイテッドは半分になることに注意.
  • Ultimate Rewards が意外に弱い.ユナイテッドの改悪もあり,シンガポール航空が加わらなければかなり魅力の薄いポイントになるところです.
  • メジャーどころではアメリカンとJALが貯めにくい.アラスカ航空も難関ですが,ダイナースクラブが加わりました.
  • 逆に節操がないのは,ブリティッシュエアウェイズとシンガポール航空.どちらも燃油サーチャージを取るという共通点があります.
  • 移行先の組み合わせとしてはダイナースクラブ>ThankYou だと思いますが,ボーナスがなく年会費がかなり高い現状ではちょっと手を出す気になりません.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “クレジットカードポイント移行先一覧 (アメリカ発行)

  • グローバル・フライヤー

    AmexからSPGへの移行は1/3、Hiltonへは1.5倍になります。
    333 Starpoints® =1,000 Membership Rewards® Points
    1,500 HHonors® Points =1,000 Membership Rewards® Points
    ポイント移行は航空会社、ホテル、金融機関と複雑につながっていますので、上手く利用するとお得です。
    シンガポール航空が4社からマイル移行ができるようになったので、SQ口座を開設しSuitesを狙っています。

  • tak-airtravel

    グローバル・フライヤーさん
    ご指摘ありがとうございます.修正しておきました.どこかに間違いがあるだろうと思っていたら,やはりありましたね(汗).
    この関係,なかなかに複雑ですよね.SPG以外にもヒルトンやマリオットから航空会社へ・・・というのもありますし,移行ボーナスがからむとさらに複雑になります.