マイル加算とステータスでプログラムを使い分ける


同じアライアンスで複数のプログラムの会員になっていると,同じチケットでも状況によってプログラムを使い分けたいことがあります.

一例はマイルの加算先とステータスを持っているプログラムが違う場合です.私の場合はトルコ航空でスターアライアンスゴールドですが,マイルはエアカナダに貯めたいかもしれません (仮定の話です).このとき,エコノミー利用でもラウンジが使えるでしょうか? 結論から言うと,エアカナダの番号を登録してあってもトルコ航空のカードを提示すればラウンジが使えます.非常に運が悪いとルールを知らないスタッフに拒否されるかもしれませんが,各アライアンスともステータスを示すカードやドキュメントと搭乗券を提示すればよいことになっており,ルール上は問題ありません.

ここで問題.アメリカンのSWUでアップグレードしたフライトをJALに加算できるでしょうか?

これもOKです.アップグレード券がアメリカン会員でない人に対しても使えることからもわかるように登録プログラムとは関係なく,マイルをJALに加算することも可能です.マイルでアップグレードした場合も同じ扱いのはずです.

では,上級会員用の無償アップグレードが確定した後,登録してあるプログラムを他社に変えるのはどうでしょう?

これは,最悪アップグレードが取り消される可能性があります.無償アップグレードは上級会員特典なので,他社会員がアップグレードされるのはおかしいわけです.同様に,ステータスを利用してエコノミープラスや非常口席を無料でアサインした後別のプログラムに変更すると,機材変更などをきっかけに普通の席に変更されてしまう可能性があります.ただし搭乗直前の変更であれば見過ごされる可能性が高いです.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。