デルタのChoice BenefitsとMQD


デルタでプラチナメダリオン以上に到達すると,Choice Benfitsの中から特典が選べます.昨年チャレンジを達成して初めてプラチナになったときは迷わずアップグレード券 (Regional Upgrade Certificate 4枚) を選びました.その後正規の方法で2015年のプラチナに到達して再度選べることになりましたが,アップグレード券は獲得してから1年間しか使えないので,使う予定ができてからと先延ばしにしてきました.しかし,それも2月末までに選ばないと権利が消滅してしまいます.

またアップグレード券かなと一瞬考えた後,昨年とはかなり状況が変わってきていることに気づきました.

まず,アップグレード枠がExpertFlyerに表示されなくなりました.もちろん電話すれば教えてくれますが,オンラインほど広くいろいろな可能性を調べるのは難しそうです.

さらに,意外と大きな影響を与えそうなのが今年から増額されたMQD (ステータスの金額基準) です.私の場合,約6,000ステータスマイルが繰り越されたので,プラチナのマイル基準に到達するには7万マイル弱でいいのですが,繰り越しがないMQDはフルに$9,000必要です.つまり税金等を除いて13cpmほどないと金額基準に達しないということになります.アメリカの大陸横断路線の格安エコノミーだと8cpm程度の運賃は珍しくありません.

ではファーストだとバカ高いかというと,目的地にもよりますが50%のボーナスMQMを考慮するとそうでもありません.例えば,地元からシアトルまでファーストで往復するとボーナスを含めて6,000~7,000MQMですが,格安ファーストは諸費用込で$720程度からあり,13cpmは軽く切ってしまいます.ファーストを買っても達しないMQD基準はいかがなものかと思いますが・・・ ちなみに,エコノミーの最安は$380ほどで,8~9cpm程度になります.

この差額がアップグレード券 (往復で2枚) の価値だとすると悪くはありませんが,エコノミーばかり乗っているとMQDのためにさらに飛ばなければならず,あまりありがたくありません.今年はRTWもあってこれ以上距離を稼ぐのは厳しいので,ボーナスマイルにしようかなあと考えているところです.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。