アメリカン統合プログラム補足 3


先日発表されたアメリカンとUSエアウェイズのプログラム統合は,良い意味で驚きでした.とりあえず金額基準の導入はなさそうだと思っていましたが,ステータスの数や国内線アップグレードをデルタやユナイテッドに合わせず独自路線を貫いたのも,さらなる差別化という意味で良かったと思います.
それはともかくとして,いくつか補足です.
統合前後のステータス
2015年第2四半期の統合までは,2014年中のアメリカン・USエアウェイズ各々でのフライト実績に応じて決まったステータスが続きます.統合後は,2014年中の両社でのフライト実績を加算して,発表された基準で決まるステータスに移行します.
例えば,2014年中に両方で5万マイル乗った人は,統合まではアメリカンでプラチナ,USエアでゴールドとなります.そして,統合後は合算して10万マイルとなるので,エグゼクティブプラチナとなります.
USエアウェイズ Chairman’s Preferred へ SWU 付与
今年中にUSエアウェイズの最高ステータス Chairman’s Preferred に到達したら,統合時にSWU8枚がもらえます.なお,到達時点でUSエアのアップグレード証書を2枚もらっているはずなので,統合までに使わなければならないとはいえ,ある意味ではアメリカンのエグゼクティブプラチナより得をすることになります.
そうなると今年の終わりまでに Chairman’s Preferred になる方法があるか,という話になりますが,$200~$600払って90日以内にUSエア・アメリカンを3万マイルか40セグメント飛ぶと可能です.決して簡単な数字ではありませんが・・・
今年エグゼクティブプラチナと Chairman’s Preferred の両方に到達したらSWUを合計16枚もらえるのか・・・というのははっきりしません.
USエアウェイズシルバー・ゴールド・プラチナへ500マイル券付与
統合後,国内線アップグレードが無料でなくなる Chairman’s Preferred 以外の上級会員には統合時に500マイル券が何枚か配付されますが,数については明確な情報はありません.
ゴールド・プラチナは国内線Y・B運賃からの無償アップグレード廃止
やや細かい話ですが,これまでアメリカンの上級会員は国内線エコノミー正規運賃を購入すると,500マイル券を使わずにアップグレードが可能でした.これが統合後は廃止され,もともと無償のエグゼクティブプラチナと500マイル以下のフライトを除き,どの運賃からでも500マイル券が必要となります.アメリカンの上級会員にとってはほぼ唯一の改悪点でしょう.
ミリオンマイラー特典
両社の生涯マイル数を合算し,100万マイルで生涯ゴールド,200万マイルで生涯プラチナとなります (生涯エグゼクティブプラチナはなし).これもアメリカンの制度から変わりません.
特典マイルの扱い
デルタとノースウェスト,ユナイテッドとコンチネンタルの合併では,プログラムの統合前にマイルを相互に移行できる措置が取られましたが,今回は統合時に一気に合算されるようです.また,特典チャートやルート・ストップオーバーのルールは,現アメリカンのものが踏襲されるとの見方が一般的です.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

3 thoughts on “アメリカン統合プログラム補足

  • 疾風

    昨日はお世話様でした。
    AAの機内Wifiからコメントを入れようとしたのですが、不正?との理由で弾かれてしまいました。
    いつもながら、分かり易い解説ありがとうございました。
    AAのEXPを持っている我々からすれば、改悪よりも改善点の方が多く、安心しました。
    しかし、UA/COとの統合時は、かなり混乱があったので、その点がちょっと心配です。
    また、昨日のHKG-DFWのUPグレード(6-11-13番目orz)のように、SWUの競争が更に激しくなりそうです。
    明日GRUまで飛ぶ予定だったのですが、Fは既に売り切れとの事で、可能性が少しある明後日に変更しました。
    SWU使い易いのは良いのですが、JALと違ってなかなか確定しないor直前にしか解放されない点が難点です(苦笑)。

  • tak-airtravel

    疾風さん
    昨日はありがとうございました.非常に慌しかったのが残念です.
    > AAの機内Wifiからコメントを入れようとしたのですが、不正?との理由で弾かれてしまいました。
    関係あるかどうかわかりませんが,GoGoからだといつも簡易表示になってしまうんですよね.
    今回も予約システム統合時の混乱はある程度避けられないでしょうね.救いは,UA-COのときと違って大きいAAの方のシステムを採用するので,ボリュームの問題はなさそうだということです.
    USエリートがSWUを持つと,確かに競争が激しくなりそうです.LHRやNRTだと選択肢が多いのでまだなんとかなりますが,HKGやGRUは日程をずらすしかありませんね.

  • tak-airtravel

    匿名希望さん
    コメント&ご質問ありがとうございます.
    はい,基本的にそのとおりです.$200~$600払ってシルバー~プラチナのステータスをもらい,その後90日のチャレンジ期間内に飛んだUSエアとアメリカンのマイル数かセグメント数でチャレンジ期間終了後のステータスが決まります.最初にもらうステータスとチャレンジで到達できるステータスには関係がありませんので,安く済ませるなら$200でシルバーをもらうことになります.通常のステータスと違い,ワンワールド他社運航便は入らないことだけご注意ください.
    今からですとステータスの有効期間は2016年2月までなので,2015年の統合時には対応するアメリカンのステータスに横滑りするはずです.つまり,3万マイルか40セグメント飛べば Chairman’s Preferred → エグゼクティブプラチナとなり,SWUも8枚もらえます.