デルタ上級会員キットのコストカット策


毎年この時期になると米系各社から上級会員キットが送られてきます.アメリカンはかなり早くエグゼクティブプラチナに到達したこともあって昨年中に届いたのですが,デルタはわりとぎりぎり (といっても12月中旬) に到達したせいかまだ届いていません.そもそもデルタは昨年のステータスから有効期限を2月末から1月末に前倒ししたところで,いきなりこの体たらくです.一応 iPhone アプリで見えるデジタルカードを Wallet に登録してあるので大丈夫だとは思いますが,海外ではときどき頑なにカードを要求するスタッフもいるらしく,不安は尽きません.

ところで,デルタは今年から上級会員キットにいくつか変更があるようです.まず昨年12月22日以降ゴールドメダリオンに到達した場合,もう会員カードは発行されないとのこと.年間6000ドル以上を払って5万マイル乗っている会員にプラスチックのカードぐらい送ってもばちは当たらないと思うのですが.

さらに,プラチナ以上のキットに入っていたドリンク券も,今年からアカウントの “Wallet” に入っているものを自分で印刷しなければならなくなりました.資源節約のために電子化するというのならまだしも,このくらいで大したコストカットになるとも思えません.

dl_drink_voucher_16

アメリカの航空会社として過去最大の従業員向け利益分配を予定している会社のやることとは思えません.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。