乗継に遅れそうなときに待ってくれるか 4


フライトが遅れ,乗り継ぎ便が出発するゲートまで猛ダッシュしたのに,すでにドアが閉まっていた・・・という経験は皆さんもあると思います.最悪なのは,そこからさらに数分機体がゲートに止まっている状況で,何だよ余裕で乗れたじゃねえかと地上職員に食ってかかりたくなります.
いったん閉めたドアを再び開けるというのは,よほどの事情がなければやってくれません.搭乗ブリッジを再度付けなければなりませんし,乗客の数が増えると重量バランス計算をやり直さなければならず,遅れは数人が乗り込む時間だけでは済まないのです.私はすでに搭乗している方として一度だけ経験がありますが,そのときは融雪作業車が来るのを待っていていずれにしてもすぐには出発できない状況でした.
ドアを閉じる前なら,乗継客が到着するまで数分ぐらい待ってもよさそうな気がしますが,実際には地上職員の独断で決められるほど事は単純ではないようで,乗継客を待つかどうかは運航部門がいろいろな要素を加味して判断します.

  • 乗り遅れそうな人数
  • 遅れさせた場合の目的地での乗り継ぎへの影響
  • 当日中に同じ目的地へのフライトがあるか,空いているか
  • 使用機材のその後の予定
  • パイロット・FAの勤務時間・その後の予定
  • 出発スロット
  • 到着スロット
  • 天候

例えば,その日の最終便で,機材とクルーが目的地で一夜を過ごすような場合には待ってくれる可能性が高くなります.それでも,雷雲が近づいていて一刻も早く出発させたい場合や,パイロットの連続勤務時間の限界に近づいている場合には,待つことでキャンセルに至る危険があるかもしれません.いずれにしても,表面的な状況だけで地上職員を責めるのは酷というものです.
しかし,地上職員の方に定時出発を死守したい事情があることもないわけではありません.

  • 地上職員のボーナスが定時出発率で決まる (米系に多い)
  • 席を空席待ちの客に割り振ってしまい,実はもう座席がない

厄介なのは後者の場合で,予約超過だったかどうかやゲートにたどり着いた時間によっては involuntary denied boarding (IDB) として補償の対象になることもあり得るところですが,実際に証明するのは難しいです.アメリカでは,出発15分前までにゲートにいなければ席を失っても文句は言えないことになっていますので,それまでにゲートに着いていたことを証明する客観的な証拠 (ゲートにある時計の写真など) があれば強いです.いくら息が切れていても冷静さを失わないようにしたいところですが,なかなかそうはいきませんね.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

4 thoughts on “乗継に遅れそうなときに待ってくれるか

  • かっちゃん

    かっちゃん@Limaです。
    昨日、LGA-YYZ便が悪天候で遅延し、接続のYYZ-LIM行き出発の36分前に到着、焦りましたが次のリマ行きが3日後で、深夜到着で後続の接続便がある方も少ないであろうことから、恐らく待ってくれるだろう…と見込んでいましたがなんとか滑り込むことができました。そうしたことで、実に私にとってタイムリーなエントリーでした笑
    人間もそうですが、預託荷物のほうが間に合うか心配でしたが無事出てきてくれました。
    昨日はLGA発のAC便は大量欠航していましたので、振替、乗り継ぎ対応などグランドさんはさぞ大変だったと思います。現場は苦情の矢面に立たねばならず、苦労が多そうですね。

  • tak-airtravel

    かっちゃんさん
    リマからコメントありがとうございます.アメリカ北東部より暖かそうでいいですねー.
    ACの国際線どうしとはいえ,36分というのは焦りますね.出発を遅らせてくれたんでしょうか.私の方はIADで自分が間に合わなかったのに荷物だけ間に合った(!)ことがあります.
    これからの季節は天候による欠航が増えて,GAは大変ですね.あの仕事だけはできないなと思います.融雪作業員も別の意味で大変そうですが・・・

  • gt9200

    以前、ORDでUAのCLE行に余裕を持ってチェックインして、10分前にゲートに着いたらもう行っちゃってたということがありました。
    一方先々週、これもORDですがNHのNRT行に乗るのに出発25分前空港着→もうダメと言われつつ10分前に体だけならと言われC-10までダッシュ→3分前に走りこむように搭乗できました。入ってすぐ前のBクラス席だったので、他のお客さんに冷たい目で見られることもなく。荷物は翌日の同便に乗って自宅まで無事配送されました。
    こういうことがあると日系航空会社の方が良いと感じてしまいます。

  • tak-airtravel

    gt9200さん
    何事にもいい加減なアメリカなのに,こと飛行機に関しては時間に厳しいですね.私も荷物預けの期限に2~3分遅れただけでだめだったことがあります.幸い次の便に振り替えてくれましたが・・・
    > 一方先々週、これもORDですがNHのNRT行に乗るのに出発25分前空港着→もうダメと言われつつ10分前に体だけならと言われC-10までダッシュ→3分前に走りこむように搭乗できました。入ってすぐ前のBクラス席だったので、他のお客さんに冷たい目で見られることもなく。荷物は翌日の同便に乗って自宅まで無事配送されました。
    こういう点は,一般に日系の方がはるかに優しいようですね.Cだったということもあると思いますが,荷物の配送までしてくれるとはすごいです.カウンターからC-10まで7分で到達したgt9200さんもすごい!