バンクーバー出張 (1) ユナイテッド往路フライト


バンクーバー出張に行きました.地元での用事のため帰りの時間帯がかなり限定されていたので,フライトはスケジュール優先でシカゴ経由のユナイテッド.長いシカゴ〜バンクーバー区間だけ往復ともエコノミープラスを購入しました.

ところが,出発の2日前になって地元での用事がなくなったため,帰りを翌日に変更することになりました.この用事が会社関係だったので,当然変更手数料は会社負担です.また,それと前後して読者の gt9200 さんからRPUを譲っていただけるというありがたいお申し出がありました (ありがとうございます!).変更後のバンクーバー〜シカゴには奇跡的にアップグレード枠があり,すぐに確定しました.一方の往路の地元〜シカゴは十分空きがありそうでしたが,シカゴ〜バンクーバーは厳しい状況です.

これに伴いいろいろと変更をかける必要が出てきました.

まず,変更前のバンクーバー〜シカゴで購入していたエコノミープラス料金の払い戻してもらいます.やり方は簡単で,エコノミープラス料金のレシートに書いてある航空券番号と同じフォーマットの13桁の番号を使ってユナイテッドのウェブサイトで申請するだけです.しかも,感心なことに24時間以内に処理中というメールが来ました.

滞在が1泊増えるのでホテル (ハイアットリージェンシー) の方も変更が必要です.こちらも会社を通して変更してもらうと,普通のレートがなくなったらしくビジネスプランというのになりました.スイートアップグレードはさすがに無理かと思ってダメ元で電話してみると,幸い新しい日程でもアップグレードできました.

さてこれで安心と往路フライトにチェックインしようとすると,シカゴ〜バンクーバーがエコノミープラスながら真ん中席に変わっています.なんで勝手に変えるんだ!と頭に血が昇りかけましたが,改めて払い戻したエコノミープラス料金の番号を確認すると,間違って往路の方を払い戻してしまったようです.真ん中席とはいえそれでもエコノミープラスに残っているのは謎ですが,真ん中は嫌なので,まだ通路側が残っていたリクライニングなしの非常口席に移動することにしました.この席のエコノミープラス料金はなぜかウェブサイトよりアプリの方が少し安く,そちらで決済.そして,改めて復路の方の払い戻しを申請しました.

往路のアップグレードはやはり地元〜シカゴのみ.シカゴ〜バンクーバーの空席待ちはRPUを使っても3番目でした.

737-800のファーストクラス.短いフライトなのでサービスは飲み物とスナックのみです.RPUを使ったこともあり,貧乏根性で出発前・フライト中とワインを2杯飲んだら少し酔ってしまいました.

シートは新しそうでしたが,すでにテーブルは収まり切らず,蓋が閉まらない状態です.

シカゴ上空を通ります.

空港の南側を通過し,東へ向かって着陸するというコースでした.

空港の西側は住宅地です.

ゲートへ向かう途中,羽田行きのANAの横を通りました.

定刻に到着.Cコンコースのユナイテッドクラブが改装中のためかBコンコースのラウンジは激混みだったので入るのをやめ,ターミナルで食事を調達してから搭乗しました.しかし,空港の食事はかなりのぼったくりで機内販売の方が魅力的に思えてきます.

非常口席なので足元スペースは広いです.窓側は1K (スナックボックスをただでもらっていたので判明),真ん中は空席でした.

バンクーバーには定刻より少し早く到着.カナダもいつの間にか入国手続きと税関審査がキオスクでできるようになっていて,だいぶ楽になりました.

電車でハイアットリージェンシーへ.

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。