ニュース:ASの新提携先・搭乗券なしでもエアサイド・DL特典また改悪? 2


アラスカ航空とシンガポール航空が提携

アラスカ航空とシンガポール航空が新たに提携を開始します.マイルの相互加算は9月27日に始まり,その後特典予約も可能になります.アラスカ航空に買収されたヴァージンアメリカがもともと提携していたのでその延長と考えれば納得ですが,アラスカ航空としては初のスターアライアンス系の提携先です.

シンガポール航空は長距離便のビジネス・ファーストクラス特典を他社に開放せず,ユナイテッドではオンラインで特典予約できない数少ないエアラインの一つとなっています.アラスカ航空だけに上級クラスを開放するとは思えませんが,オンラインで予約できればアジア内特典などには便利そうです.

デルタ特典また改悪?

もはやニュースにならないかもしれませんが・・・

どうやらデルタが提携他社特典に対して出発3週間ほど前からより高いマイル数を取るようになったようです.大韓航空のノンストップがあるシカゴ〜ソウルを調べてみると,カレンダーはこのようになります.

9月13日に8万マイルというのがあるので見てみると,これはデルタの自社便で,大韓航空だと12万5千マイル取られます.

しかし,2週間後の9月27日は同じ大韓航空便が9万5千マイルです.

これまで提携他社便はヴァージンアトランティックを除き均一マイル数だったのですが,出発前の一定期間については他のエアラインでも割増マイル数を取ることにしたようです.

搭乗券なしでもエアサイドアクセスを試行

9/11事件以降アメリカで空港のセキュリティチェックを通過するのに当日の搭乗券が必要になりましたが,このほど搭乗券なしでもセキュリティチェックを通過してよいという制度が9月5日からピッツバーグ空港で試行されることになりました.チェックインエリアに専用カウンターがあり,ここで身分証を提示して No Fly List に名前がないことを確認の上 myPITpass なるパスをもらいます.これと身分証があればセキュリティチェックを通過できるという仕組みです.当分の間は平日の9〜17時限定となっています.

利用者が多いとセキュリティチェックが混む恐れがありますが,フライト・見送り以外の目的でわざわざ空港に行こうという人はそんなにいるとは思えないので,ほとんど問題はないでしょう.ピッツバーグ空港には Airmall というモールなみのショッピング施設があるそうですが,普通のモールと違い駐車料金がかかります.平日の昼間であればアドミラルズクラブにタダ酒を飲みに行く人も少ないでしょう.あと考えられるとすれば隣接するハイアットの宿泊者の暇つぶしぐらいでしょうか.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “ニュース:ASの新提携先・搭乗券なしでもエアサイド・DL特典また改悪?

  • NWエリア

    大手3社というのは米国を始め、どこも自社名・ブランドに胡座をかいているのか、消費者の心をつかめずにのらりくらり、してアウトソーシングばかりに走る傾向(サービスの追求ではなくコスト削減)があるようです。己の経営幹部の取り分確保ばかりこだわっているのでしょう。米国・自動車、ビール、エアライン業界の大手3社のサービス・品質レビューを見ても、アピールするものや斬新さが感じられず、それらを購入しようとは思わないですね。日本の電機業界の御三家も、最近は ぱっとしませんしね(Sorry about this but this is true, 日本自動車グループ、日本電産は除く。)規模や昔からのしきたり、しがらみ がジャマをするのでしょうか。
    一方で、大手御三家ではなく、独自路線を貫く姿勢を持つ会社は伸びていますね。ステラ、クラフトビール系会社、アラスカ航空、など大手を追随する会社、彼らが提供するサービスには、お金を使ってもよいかなと思わせるタンジブル・インタンジブルなサービス.レベルがあります。来年は、アラスカ特典でシンガポール航空も利用してみたいと思っています。
    DLのバウチャーもなんとか期限内にうまく利用しないといけないのですが、どうも後回しになってしまいます。DLは、はやめの特典予約が必要になりましたね、UAは確か3週間以内の予約で別途75ドルチャージしていましたから、アイデアが豊富で細やかなDの幹部が、その部分に目をつけたのでしょう。出発3日前のキャンセル不可という条件はかわらずでしょうか。?

    • tak Post author

      NWエリアさん

      おっしゃるとおり,DLの改悪はUAからヒントを得た可能性が大ですね.しかしUAの手数料は上級会員には適用されないのに対し,DLは全員なのが公平というか忠誠心軽視の姿勢が見られます.統合が進んだということもあるのでしょうが,アメリカの大手エアラインは黙っていても乗ってくれるので他社の真似さえすればよいという状況が続いていますね.その点弱小のASなどは独自色を出しています.スピリットなどのULCCも,私は乗りませんが特定の客層に特化しているという意味ではさすがに生き残っているだけのことはあると思います.

      はい,DLの3日前以降変更・キャンセル不可は変わっていません.