ウインドウシェード問題 7


昔似たような記事を書いたなと思いましたが,もう3年以上前なので改めてご意見を募るということで重複してもいいことにします.

飛行機の席を選ぶとき,私は基本的に窓側派です.目的はもちろん外の景色を眺めることですが,大陸横断以上ぐらいの長さのフライトになるとウインドウシェードを閉めてくださいというアナウンスが流れるか,みんなが閉めるので自分も閉めざるを得ない雰囲気になることが多く,困ってしまいます.アナウンスがある場合に理由として挙げられるのはIFE画面を見易くするか寝たい人がいるかのどちらかですが,半強制的に寝かしつけてFAが休みたいという裏理由もあるのではないかと勘ぐりたくなります.表向きの理由に対しても

  • 最近は画質が向上しているので周辺が明るくても問題ない
  • 寝たければアイマスクを付ければよい

と反論したいところです.だいたい,こちらは通路に自由に出られない不便を我慢して窓側に座っているわけで,シェーオの開け閉めぐらい好きにさせてほしいと思います.最近は少し図太くなってきたのか,一瞬開けて外の風景を確認し,面白いものが見えていたら写真を撮る間ぐらいは開けておくことが増えてきました.

その点,787の窓は暗くしても一応外が見えるので助かります.A350は普通のシェードで残念.787の窓は真っ暗にならないという批判もありますが,少なくとも今後のボーイング機にはどんどん採用してもらいたいところです.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

7 thoughts on “ウインドウシェード問題

  • don

    全く同感です。私も窓派ですが、何度も少し開けをしたりささやかな抵抗をしたりしてます。あまりやると隣の席から苦情が来ますが。
    その点、787はありがたい機材です。787と他の機材が選べる旅程なら、つい787の方を選んでしまいそうです。

    • tak Post author

      donさん

      同意していただけてうれしいです.
      787の窓は航空機ではジェットエンジン導入以来の大革命だと思うのですが,大げさ過ぎですかね (笑).

  • コロン

    私も北極圏など普段見れない景色が好きで、コソッと開けて写真撮ったりしている窓側派なのですが、それだけに客室乗務員によって強制的にシェードがコントロールされる787は写真にならず残念で、できるだけ777運航便などを選び毛布などを窓にあて機内に光が漏れないように写真撮ってます。
    もう一つ個人的な理由としては、いつもGPSで飛行ルート記録しているのですが、787のシェードはGPS受信できず、787で飛んだところだけ抜ける点ですかね(笑)

    • tak Post author

      コロンさん

      確かに,787の窓が暗い状態では景色が肉眼では何とか見えても写真にはなりませんね.FAによる調整の仕組みはよくわからないのですが,FAが一斉に暗くしてもロックはしていないのか自分の窓だけ明るくすることができる場合もあるような気がします.毛布を使うのは周辺に迷惑をかけないのでいいですね.

  • 白熊

    Takさん、

    航空会社は「到着地時間に合わせて寝てもらう」と言うそれらしい理由を言うかもしれませんが、実態は「暗くして寝かせた方が客室乗務員の仕事が楽になる」かも知れません。

    私は寝つきが悪いと家でもアイマスクをして寝る位の真っ暗派なので閉めて頂くのは大歓迎でしたが、通路アクセスが出来る窓側の席+787の外が見える窓の組み合わせ利用増に伴い景色を楽しむ意味も理解してきましたが、早朝便などでPCなどに直射日光が反射して他人を照らしているのに全く気にしない人を見ると未だに殺意を覚えるので、航路上でどうしても見たい景色があるときは、キッチンやトイレのあるエリアのドアの窓から見る事もあります。

    • tak Post author

      白熊さん

      私も,FAの仕事を楽にするという目的があるのではないかと疑っています (笑).到着地の時間に合わせるなら,ヨーロッパ発の北米便で暗くする理由は全くないですからね.
      早朝便は反射しなくても目に入りやすいので少し気を使います.もっとも,その時間帯は地上も見にくいので閉めたままにしておくことが多いです.