当日のフライト変更 4


米系航空会社の国内線でときどき便利なのが,変更不可の航空券でも当日に限り無料か安価で別の便に変更できることです.ただし大手でもルールに少しずつ違いがありますので,利用時にはよく確認しましょう.
共通ルール

  • 当然ですが,正規運賃の場合はいつでも無料で変更できます.
  • 出発地と目的地は変更できません.JFKとLGAのように一般には同じとみなされる空港間の変更も,原則としてできません.運賃ルール内での経由地の変更は可能です.
  • 同日変更の対象でない便への変更は,運賃ルール通りの変更手数料がかかります.
  • USエアウェイズ以外,オンライン,電話,空港カウンターで手続きができます.

アメリカン (Same-Day Flight Change)
変更対象便:もとのフライトと同日に出発する国内線.
変更手続き:もとのフライトの出発24時間前から出発時刻まで.手続き時から24時間後までに出発する便への変更ができます.
条件:運賃クラスEに空きがあること (アメリカンに電話する以外調べる方法はありませんが)
費用:$75 (上級会員も)
デルタ (Same Day Confirmed)
変更対象便:もとのフライトと同日または翌日午前2時までに出発する国内線.国際線を含む旅程の国内線部分は対象外です.
変更手続き:もとのフライトの出発24時間前から出発時刻まで.
条件:同じ運賃クラスに空きがあること.
費用:$50 (ゴールド以上は免除)
ユナイテッド (Same-day flight changes)
変更対象便:もとのフライトの前後24時間以内に出発する便 (前日・翌日も可).国際線も可.
変更手続き:もとのフライトの出発24時間前から出発時刻まで.手続き時から24時間後までに出発する便への変更ができます.
条件:運賃クラスを問わず空席があること
費用:$75 (ゴールド以上は免除),および空きのある最低運賃との差額
USエアウェイズ (MoveUp)
変更対象便:もとのフライトの6時間前以降に出発する便 (午前0時~3時の出発は前日扱い).
変更手続き:空港のみ.
条件:空席があること
費用:$75 (国内線) または$150 (国際線) (USエアウェイズおよびアメリカンの上級会員は免除)
その他:乗継回数は同じでなければなりません.
これに関しては,ユナイテッドが圧倒的に柔軟です.中には,乗る予定のないフライトを先延ばしし続け,最終的に天候によるキャンセルを理由に全額払い戻してもらったというつわものもいます.USエアウェイズが一番制約がきつく,早く空港に着いてしまったという場合ぐらいしか使えせん.
オンラインで試した経験では,ユナイテッドはかなり豊富な選択肢が出てきますが,アメリカンの場合は何も出てこないことが多いです.
実際には,アップグレードは別途リクエストしなければならなかったり,良い席が空いていなかったりするので,よほど必要な場合以外は使ったことがありません.しかし,用事がだいぶ早く済んでしまったとか,どうしても乗り遅れそうだというような場合に備えて,覚えておいてよいオプションです.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

4 thoughts on “当日のフライト変更

  • とても便利な一覧表ですね!
    物事はこのようにしてしてside by sideでみないと違いがわからないこともありますよねー。
    重宝します。ありがとうございます!

  • tak-airtravel

    陸さん
    ありがとうございます.
    UAのルールはだいたい知っていたのですが,AAとDLに乗り始めたので知っておいたほうがいいなと思った次第です.並べてみると,UAが一番フレキシブルだとわかってちょっと驚きました.

  • shoji

    初めて知ったルールでした。
    UAに乗って北米にしばしば行っていた頃、ゲートウェイから国内線乗り継ぎの際に十分な時間を取っていたのですが、順調に行き過ぎて国内線の前倒しをお願いしてタダの時もあれば、少しお金が必要なときもあったのですが(その時は1Pだったか否か覚えていませんが断りましたが)、こういうルールだったんですね。
    長年の疑問が氷解した気分です。

  • tak-airtravel

    shojiさん
    同日変更は (も?) 米系独特のシステムだと思います.日本の国内線より正規運賃と変更手数料がかかる格安運賃の差が激しいような気がするので,そういう背景もあるのかもしれません.UAはルール上も実際も一番選択肢が多いですね.